モノタロウ 不在時置き配サービスを11月21日(火)に開始

株式会社MonotaRO

From: PR TIMES

2023-11-21 13:46

~お客様の利便性向上と再配達の軽減による物流問題解決に貢献~

現場を支えるネットストア「モノタロウ( (リンク ») )」を運営する株式会社MonotaRO (本社:大阪府大阪市、代表執行役社長:鈴木 雅哉、以下 モノタロウ) は、商品受け取り時のお客様の利便性向上と、配送ドライバーの負担を減らし、再配達時におけるCO2排出を削減する取り組みとして、2023年11月21日(火)より、「不在時置き配サービス」を開始いたします。



[画像1: (リンク ») ]

モノタロウの置き配指定サービスは、お客様がご不在の場合に、玄関や建物内受付などご指定の場所に配達をさせていただくことで、お客様が確実に商品を受け取ることができる新サービスです。また、再配達を予防し、配達ドライバーの業務負担の軽減につながります。
お客様には事前に、マイページの「ご登録情報」画面で、お届け先ごとに「不在時置き配サービスのご利用の可否」、ご利用される場合の「置き場所」を設定いただきます。ご注文時には、置き配設定を行ったお届け先を選択いただくことで、不在時置き配サービスがご利用可能です。

■サービス開始の背景:置き配サービスへのお客様からのご要望の声
当社は、お取引の主たるものがB2Bであるため、納品先には日中に従業員の方がいらっしゃることが多く、ご注文いただいた商品の初回配送完了率は平均約95%と高いのが特長です。
しかしながら、配送に関するお問い合わせも多くお客様のニーズを把握するため、ご注文商品の受け取りに関するアンケートを実施しました。
お客様アンケートの結果では、全体の約59%のお客様が置き配を「利用してみたい」と回答され、法人様・個人事業主様の置き配ニーズが一定程度あることがわかりました。また、荷物を受け取るために、その時間帯に人員を配置するなど、受け取りの方法に選択肢がないことがお客様の負担になっている側面があることがわかりました。

当社は、お客様により満足いただけるサービスの提供を進め、その時々のニーズに合わせて配送サービスを選択いただくため、配送業務を委託している複数の配送会社との協力体制を強化し、置き配サービスが実現しました。

■サービス概要
・対象サイト:ECサイト「モノタロウ」
・対象のお客様:法人・個人事業主のみ(一般消費者のお客様は対象外です)
・置き配設定:PC表示のみ
・対象エリア:宮城県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、静岡県、愛知県、三重県、大阪府、兵庫県の14都府県(SBS即配便配送エリア)
・対象配送会社:SBS即配便
・ご指定可能な置き配場所
玄関、建物内受付/管理人預け、宅配ボックス、車庫、ガスメーターボックス、物置、その他の場所(指定の場所を別途ご入力いただけます)
[画像2: (リンク ») ]

お客様が在宅されているかどうかを配達員がインターホン等で確認いたします。
ご注文内容によっては、置き配が設定されていても対面受取をお願いする場合があります。
・以下の場合は置き配サービスは適用されません。対面でのお受け取りをお願いいたします。
 ・お届け時にご在宅されている場合
 ・置き配に対応していない配送業者(SBS即配便以外)によるお届け
 ・置き配場所に置くことが困難な場合
 ・一定の金額または重量を超えるご注文の場合
 ・置き配サービスに対応していない商品(危険物など)の場合
 ・定期注文・代金引換でのご注文の場合


今後、対象エリアは拡大していく予定です。
当社は、今後もお客様の生産性向上に貢献し、お客様と共に成長するため、時代に適応した価値あるサービスの提供を目指していきます。
モノタロウはこれからも、様々な産業のお客様の「調達の効率化」に貢献すべく、納期の短縮と配送効率化、それに伴うCO2排出量の削減に取り組んでまいります。


■株式会社 MonotaRO(モノタロウ)について
(本社:大阪府大阪市、代表執行役社長:鈴木 雅哉、URL: (リンク ») )
切削工具や研磨材などの工業用資材から自動車関連商品や工事用品、事務用品に至る、現場・工場で必要とされる2,000万点を超える間接資材を取り扱っています。ロングテールと言われる低頻度購買の商品も取り扱うことにより、「他では見つからなかったけれどモノタロウで見つかった」 とお客様に体験していただき、事業のお役に立てるよう品揃えの拡充と見つけやすさの向上に努めてまいります。
『資材調達ネットワークを変革する』を企業理念に、お客様の生産性向上へ向け、よりレベルの高いサービスを目指しています。
製造業を中心に自動車業、建設工事業、飲食店、医療介護、教育など様々な業種のお客様に登録いただいています。2023年9月末時点の登録アカウント数は、約884万。
※「間接資材」とは、事業の現場における資材のうち、最終製品になる原材料や部品などの「直接資材」を除く全ての資材を指し、切削工具や研磨材などの工作用資材から梱包・補修・清掃・安全・事務用品まで多岐にわたります。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]