【ams OSRAMプレスリリース】ams OSRAM、自動車前照灯向けに明るさを向上する第3世代OSLON(R) Submount PL LEDを発表

ams OSRAM Group

From: DreamNews

2023-11-22 13:00

-----------------------------------------------------------------------
●新しいOSLON(R) Submount PL LEDはヒートシンクへの直接取り付けに対応、標準的なロービーム/ハイビームヘッドランプのシステムコスト削減に貢献

●2種類のサイズの発光エリアで提供され、効率での最適化、または輝度と効率の両面において向上を実現する選択肢を提供

●OSLON(R) Submount PLは標準的なパッケージ外形寸法で設計しているため、競合製品を含む従来サブマウントLED製品を基板上で容易に置き換えが可能
-----------------------------------------------------------------------

※本プレスリリースは、2023年11月9日にオーストリア・プレムシュテッテンおよびドイツ・ミュンヘンで発表したプレスリリースの抄訳版です。

インテリジェントセンサとエミッタのグローバルリーダーであるams OSRAM(日本地域統括バイスプレジデント:針田靖久、SIX:AMS)は本日、定評のあるOSLON(R) Submount PLファミリーLEDの新世代を発表しました。自動車前照灯モジュール及び製品メーカーに向けて、より高い明るさ性能と設計の柔軟性を提供します。

第3世代OSLON(R) Submount PL LEDは、第2世代よりも約9%明るさが向上されることが確認されており、これによって自動車ヘッドランプ設計のシステムコストに貢献します。この新しい第3世代製品の投入で、OSLON(R) Submount PLファミリーは、エントリークラスの自動車と電気自動車向けでの標準的なヘッドランプ市場において強いポジションを維持すると期待されます。

●(1030 マイクロメートル)2 LEA版は、高輝度と高効率の両面のバランスをとって改善を実現しています。

●(1150 マイクロメートル)2 LEA版は、効率を重視して最適化しています。

ams OSRAMの自動車前照灯担当製品マーケティングマネージャー、Philipp Puchingerは、次のように述べています。「これらの新しいLEDはいずれも、配光固定型のヘッドランプの設計にも、放熱を備えたハウジング一体型標準モジュールにも適用可能であり、光源を直接ヒートシンクに取り付けることで、高性能な基板が不要になります。最新世代のOSLON(R) Submount PL LEDの導入することで、より高い効率、より低いコストのヘッドランプ・システムを実現できます」

優れたパフォーマンスと品質
これらの新しいLEDは、前世代のOSLON(R) Submount PL製品ラインの製品コンセプトや品質を引き継いでいます。第3世代からは単一の色度ランクを指定して供給することが可能になり、メーカーは在庫を合理化したり、設計や工程を簡素化したりすることができます。また、安定した放熱特性、角度色差の少ない優れた配光特性といった優位点も持ち合わせます。

OSLON(R) Submount PL第3世代製品は、現在(1030マイクロメートル)2 LEA版のサンプル出荷を開始しました。 製品型名は、KW2 C2LNL3.TK(2チップ品)(*1)およびKW3 C3LNL3.TK(3チップ品)(*2)です。
(1150マイクロメートル)2 LEA版は2023年12月よりサンプル受注を開始します。 製品型名は、KW2 C2LPL3.TK(2チップ品)およびKW3 C3LPL3.TK(3チップ品)です。

詳細な技術情報またはサンプル提供については、自動車・モビリティページ(*3)をご覧ください。

(*1) (リンク »)
(*2) (リンク »)
(*3) (リンク »)







製品画像:KW2 C2LPL3.TK(2チップ品)
画像:ams OSRAMグループ




製品画像:KW3 C3LPL3.TK(3チップ品)
画像:ams OSRAMグループ






アプリケーションイメージ
画像:ams OSRAMグループ

●ams OSRAMグループについて
ams OSRAM Group(SIX: AMS)は、インテリジェントセンサとエミッタのグローバルリーダーです。我々は光にインテリジェンスを持ち込み、イノベーションへの情熱を注ぐことで人々の生活を豊かにします。

合わせて110年以上の歴史を持つ当社は、想像力、深いエンジニアリングの専門知識、そしてセンサと光の技術におけるグローバルな生産能力を提供できることが主な特徴です。当社は、自動車、産業、医療、コンシューマー市場の各分野のお客様が競争力を維持することを可能にするイノベーションを創出し、環境負荷の軽減を行う一方で、健康、安全、利便性の面で生活の質を向上させるイノベーションの推進を行っています。

世界中の約21,000人の従業員は、センシング、イルミネーション、ビジュアライゼーションの分野でイノベーションを起こし、移動をより安全に、医療診断をより正確に、そして日々のコミュニケーションをより豊かにしています。画期的なアプリケーションのために創出された技術は、15,000件以上の登録済みまたは出願中の特許に反映されています。プレムシュテッテン/グラーツ(オーストリア)に本社を置き、ミュンヘン(ドイツ)に共同本社を置くグループは、2022年に48億ユーロを超える連結収益を達成し、SIXスイス証券取引所にams-OSRAM AGとして上場しています(ISIN: AT0000A18XM4)。

詳細情報はこちらをご覧ください: (リンク »)

amsはams-OSRAM AGの登録商標です。また、当社製品およびサービスの多くはams OSRAM Groupの商標または登録商標です。ここで記載されるその他全ての企業名および製品名は、各所有者の商標または登録商標である場合があります。

●ams OSRAMのソーシャルメディアチャンネルをご購読ください:
X(旧Twitter): (リンク »)
LinkedIn: (リンク »)
Facebook: (リンク »)
YouTube: (リンク »)


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ZDNET Japan クイックポール

自社にとって最大のセキュリティ脅威は何ですか

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]