Nordic Semiconductor、Wi-Fi、セルラーIoTおよびGNSSを使用した世界初のSilicon-to-cloud測位ソリューションを完成

Nordic Semiconductor

From: DreamNews

2023-11-24 18:00

2023年11月24日 【参考日本語訳】

nRF7000 Wi-FiコンパニオンICの新製品が、SSIDをベースとするNordicの包括的なWi-Fi測位ソリューションの最後のピースに

ノルウェー、オスロ発(2023年11月14日) - 超低消費電力無線ソリューションのグローバルリーダーであるNordic Semiconductor(OSE:NOD、以下Nordic)は本日、Wi-FiコンパニオンICであるnRF7000の発売により、Wi-Fi、セルラーIoTおよびGNSSを使用したSilicon-to-cloud測位ソリューションを完成させた世界初の単独サプライヤーとしての地位を確立したことを発表しました。Nordicのシングルベンダーソリューションに世界トップクラスの技術サポートが加わることで、Wi-Fi測位をベースとするアプリケーションの製品開発がよりシンプル且つ短期間に行うことが可能となります。

新製品のnRF7000コンパニオンICは、2.4GHzと5GHz両方のWi-Fi周波数帯でスキャンを行うWi-Fiネットワーク向けに最適化された、Nordic独自の低電力Wi-Fi 6チップです。NordicのnRF91シリーズセルラーIoT System-in-Package(SiP)と組み合わせることで、SSIDベースのWi-Fi測位が可能となります。NordicのSSIDベースのWi-Fi測位では、屋内や屋外また都市部や郊外を問わず、非常に電力効率の高い、正確な位置特定が可能です。これはGNSSを補完する画期的な機能で、特に信号フェージングや割り込みなどによりGNSSでは難しい建物内や密度の高い都市部で有効です。測位のためにWi-Fi SSIDをスキャンすることは、スマートフォンなどの製品では一般的になっています。

nRF7000 ICは超低消費電力Wi-Fi SSIDのスキャン向けに高度に最適化されているため、Wi-Fiを介したデータ通信には対応していません。NordicのWi-Fi測位ソリューションはこの最適化により、電力消費と測位精度の独自のバランスを実現しています。

最高レベルのWi-Fi測位

SSIDをベースとしたNordicのWi-Fi測位ソリューションでは、Wi-Fiスキャン用にnRF7000 IC、NordicのnRF Cloudへのセルラー通信用にnRF91シリーズSiPを採用しています。SSIDベースのWi-Fi測位では、セルタワーや衛星信号といった従来の方式に頼らず、周辺のWi-Fiアクセスポイントからの信号をスキャンしてトラッカーの位置を正確に判定します。このソリューションによる測位精度はセルラーベースよりも高く、GNSSよりも低くなっていますが、電力効率はGNSSよりも高く、セルラーベースと同程度です。

Nordicの戦略およびプロダクトマネジメント担当EVPであるKjetil Holstadは次のように述べています。
「低電力ワイヤレス技術へのNordicの献身的な取り組みにより、効率性の高いソリューションを数多くのIoTアプリケーションに提供することが可能となっています。その取り組みによりついに実現したのが、セルラーを用いたnRF7000からのWi-Fi測位と、nRF91シリーズSiPのGNSS機能の融合です。総合的な低電力測位ソリューションと世界トップクラスの技術サポートを併せ持つこの製品を、お客様にぜひお試しいただきたいと思います。この製品により、プロセスが合理化され、時間とコストが大幅に削減されます」

NordicのプロダクトマーケティングエンジニアであるFinn Boetiusは次のように述べています。
「nRF7000 ICの発売により、NordicのSSIDベースのWi-Fi測位ソリューションは最高レベルに到達しました。競合のソリューションの多くは、Wi-Fi測位に汎用的なWi-Fi ICを採用しています。多くの場合、そのようなICはサイズが大きく、特定の用途に最適化されていません。それによりコストが増し、電力消費も大きくなってしまいます」

Boetiusは続けて次のように述べています。
「Nordicの測位ソリューションでは、位置の精度と電力消費のトレードオフを想定しています。高い測位精度が必要な状況では、GNSSが最善の選択でしょう。しかしGNSSが使用できない、または大まかな位置情報だけがあればよい場合には、セルベースの測位を使用して電池寿命を延ばすことができます。その場合は、どのエリアにデバイスがあるかが分かる程度の精度になります。GNSSは利用できないが、それよりも正確な情報が必要な場合は、ほんの少しの電力コストを追加してWi-Fi情報を利用することをおすすめします。そうすれば、どの建物にデバイスがあるかが分かる程度の精度を実現できます」

シングルベンダーが提供する単一の開発環境

NordicのSSIDベースのWi-Fi測位ソリューションを支えるのが、当社の単一ソフトウェア開発環境であるnRF Connect SDKです。このSDKをNordicのnRF Cloud Servicesと併用することで、安全で信頼性の高いアップデート手順を提供しながら、アプリケーションやミドルウェア、モデムファームウェアの容易な無線(OTA)アップデートが実現できます。

Nordicのクラウドソリューション担当プロダクトディレクターであるVille-Veikko Helppiは次のように述べています。
「プロジェクトで技術的な問題が発生した場合に、複数のベンダーとやり取りすることは技術サポート担当者にとって非常に面倒なことです。Nordicのワンストップショップのソリューションをご採用いただくことで、複数ベンダーに関わる面倒がなくなります」

ハードウェアの提供状況

nRF9160 SiPとnRF7000 ICを組み合わせることで、Wi-Fi、セルラーIoT、およびGNSS測位に対応した、電力効率の高い小型のソリューションが完成します。この技術を用いてIoT最終製品を開発する開発者を支援するため、NordicではnRF7002 EK(評価キット)の発売を開始しました。EKはArduinoシールドのフォームファクタで供給されており、nRF9160開発キット(DK)と容易に組み合わせることができます。

nRF7000 Wi-FiコンパニオンICとnRF7002 EKは、Nordicの販売代理店からご購入いただけます。

nRF7000について(英語)
(リンク »)

nRF91シリーズについて(英語)
(リンク »)

nRF Cloud Location Servicesについて(英語)
(リンク »)

Nordic Semiconductor ASAについて
Nordic Semiconductor(以下、Nordic)は、モノのインターネット(IoT)のためのワイヤレス通信技術に特化したノルウェーのファブレス半導体企業です。1983年に設立し、世界中に1,000人を越える社員がいます。Nordicはアワード受賞歴のあるBluetooth Low Energyソリューションを提供する、超低消費電力無線テクノロジーのリーディング・プロバイダーです。Nordicのテクノロジーは、ANT+、Thread、Zigbee対応のみならず、2018年には、IoT分野のさらなる市場拡大に向け、LTE-M/NB-IoT向けの低電力でコンパクトなセルラーIoTソリューションも発表しました。 Nordicの製品ポートフォリオは、2021年にWi-Fi技術によりさらに拡充しています。

開発者をRFの複雑さから解き放つ画期的な開発ツールにより、最先端のワイヤレス技術を提供することで市場での地位を築き、優れたアイデアがあれば誰でもIoTプラットフォームに基づいてイノベーションを構築できるようにしました。 今日、Nordicのアワード受賞歴のある高性能且つ設計が容易なBluetooth Low Energyソリューションは、ワイヤレスPC周辺機器や、ゲーム、スポーツとフィットネス、携帯電話アクセサリ、コンシューマ向け家電製品、おもちゃ、ヘルスケア、オートメーションなどさまざまな用途で世界をリードする企業に採用されています。 Nordicは、ANT+ Alliance、Bluetooth SIG、Thread Group、Zigbee Alliance、Wi-Fi Alliance、およびGSMAのメンバーです。

(リンク ») (英語)

本リリースに関する報道関係からのお問い合わせは下記にお願いいたします。
Nordic Semiconductor PRエージェンシー(日本国内)
株式会社バッキャス
早田 真由美 (ハヤタ マユミ)
TEL: 03-6435-2271
E-mail: hayata@backcas.com




本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]