Salesforce、最新AIとデータプラットフォームのイノベーションをSalesforce World Tour Tokyoで発表

株式会社セールスフォース・ジャパン

From: PR TIMES

2023-11-27 16:46

Salesforce World Tour Tokyoに22,000人以上の参加者を迎え、マーク・ベニオフと
パーカー・ハリスがパナソニックやカインズなどの顧客と対談

Salesforceの顧客とパートナーのエコシステムは、生成AIに牽引され、日本において2028年までに50万1,000人の雇用と1500億ドルの事業収益の純増を創出する見込み

セールスフォース・ジャパンは5年間で5万本の植樹に約4,000万円の資金を提供

<メディアアラートの訂正について>
本メディアアラート内の認定資格名称を訂正いたしました。変更箇所は以下の通りです。
・Salesforce 認定 Data Cloud コンサルタント

セールスフォース・ジャパン(以下、Salesforce)は、日本で今冬に一般提供を開始する最新のAIとデータプラットフォームのイノベーションを11月28日、29日に開催されるSalesforce World Tour Tokyoで発表します。Salesforce World Tour Tokyo( (リンク ») )は、同社が開催する日本最大のAIイベントです。

Salesforce World Tour Tokyoでは、データ、AI、CRMを活用して生産性と信頼できるカスタマーエクスペリエンスを向上させる世界初のCRM向け生成AIである「Einstein 1 Platform( (リンク ») )」および、すべてのCRMアプリケーションとカスタマーエクスペリエンスに対話型AIアシスタント「Einstein Copilot」を導入する次世代版Einstein( (リンク ») )を日本の聴衆に向けて紹介し、デモンストレーションを披露します。

そして、同イベントにはパナソニックやカインズなどの日本を代表する企業も参加し、データ + AI + CRM + 信頼の力を活用して、まったく新しい方法で顧客とつながる方法が共有される予定です。

国内で一般提供開始が予定されているイノベーションには以下が含まれます。

Einstein Trust Layer( (リンク ») )(2023年12月15日:データマスキング・有害性の検出といったSalesforce Platformにネイティブに組み込まれた、安全なAIアーキテクチャ)

Work Summaries( (リンク ») )(2023年12月15日:カスタマーサービスにおける、オペレーターと顧客の会話内容の要約をAIが生成)

Service Replies( (リンク ») )(2023年12月15日:顧客からの問い合わせに関する返信内容の推奨案をデータやナレッジベースに基づきAIが自動生成)

Sales Email( (リンク ») )(2024年2月:CRM内の情報を活用し目的に即してパーソナライズされたメールをAIがワンクリックで自動的に生成)

Call Summaries( (リンク ») )(2024年2月:音声通話、ビデオ会議通話からAIが要約を生成。顧客センチメント、要点、営業が取るべき次のステップを特定し、メールやSlackから情報共有を可能に)

Prompt Builder( (リンク ») )(2024年2月:顧客データを活用して自社のブランドやコミュニケーションスタイルに合った独自のAIプロンプトを構築、テスト、組織への展開が可能)

Hyperforce上でのData Cloud国内提供( (リンク ») )(2023年12月11日:Salesforceのパブリッククラウド向けインフラアーキテクチャを信頼性高く再構築した国内のHyperforce上で、Data Cloudが利用可能に)

Free Data Cloud and Tableau Bundle( (リンク ») )(2023年12月18日:Sales Cloud/Service Cloud Enterprise Edition以上をご利用の顧客にData Cloud 250,000クレジットと2つのTableau Creatorライセンスを無償提供)

Salesforce 認定 AI アソシエイト( (リンク ») )(2023年11月:Salesforceの信頼できるAIの原則に基づいて、情報に基づく戦略を提供し関係者の意思決定を導ける認定資格)

Salesforce 認定 Data Cloud コンサルタント( (リンク ») )(2023年12月:Salesforceテクノロジーに関する幅広い知識を持ち、特にData Cloudとその機能や用語に精通、またその位置付けや実装の経験を有するコンサルタント)


  ※各機能の価格および詳細は、各製品ページ(上記、リンク先)をご覧ください。

生成AIを活用したSalesforceエコシステムが日本での成長を牽引
IDCの最新調査( (リンク ») )によると、Salesforceとそのパートナーエコシステムは、生成AIの新たな波に後押しされ、2022年から2028年の間に世界で2兆ドルを超える事業収益と1,160万人の雇用の純増を予想しています。日本においては、Salesforceの顧客およびパートナーのエコシステムにより、純増で50万1,000人の雇用と1500億ドルの事業収益が創出される見込みです。

また、Salesforce Venturesは 、AIスタートアップのエコシステムを強化し、責任ある生成AIの開発を促進するために、ジェネレーティブAIファンド( (リンク ») )を2.5億ドルから5億ドルに倍増( (リンク ») )しました。なお、日本での投資には、Salesforceエコシステムで日本のスタートアップを支援するJapan Trailblazer Fund( (リンク ») )もあり、今後も日本のスタートアップコミュニティのイノベーションを推進していきます。 Salesforce Venturesの現在の国内投資先は46社、累計で70社に及びます。

日本におけるSalesforceのサステナビリティへの取り組み
Salesforceのコアバリューの1つであるサステナビリティへの継続的な取り組みとして、Salesforce World Tour Tokyoにおいて、新しいネイチャーポジティブの実現を目指すプロジェクト「Salesforce Park Wakayama」を紹介します。

この和歌山県の森林保全プロジェクトにおいて、セールスフォース・ジャパンは、5年間で5万本の植樹を目指し、音楽家・坂本龍一氏が創立した森林保全団体である一般社団法人more trees(モア・トゥリーズ)( (リンク ») )へ約4,000万円を寄付します。 これは、1兆本の森林保全活動「1t.org( (リンク ») )」を通じたSalesforceのグローバルリーダーシップに基づくものです。

Salesforceは、企業がデジタルトランスフォーメーションに投資し、生成AIを中心としたイノベーションサイクルを構築するにともない、日本で継続的な成長を遂げています。Salesforceは2000年から日本での投資を続けており、これらの取り組みはイノベーションを推進し、成長する顧客基盤を支えるものです。

詳細情報
Salesforce World Tour Tokyo( (リンク ») )をご覧ください。
Einsteinの詳細については、こちらのページ( (リンク ») )をご覧ください。
Salesforceのサステナビリティへの取り組みの詳細はこちら( (リンク ») )。

Salesforceについて
Salesforceは、データ+AI+CRM(顧客関係管理)+信頼の力で、あらゆる規模や業種の企業が顧客とつながることを支援します。Salesforceの詳細については、salesforce.com/jp をご覧ください。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]