Microchip社、拡張コード保護の新標準を打ち立てるPIC18-Q24 MCUファミリを発表

マイクロチップ・テクノロジー・ジャパン株式会社

From: DreamNews

2023-11-28 11:30

[NASDAQ: MCHP] - 携帯電話から自動車、スマート サーモスタット、家庭用電化製品に至るまで、クラウドに接続される身の回りの製品の数は増加の一途を辿っています。このような接続性の拡大に合わせて、ファームウェアとデータを保護するチップレベルでの高度なセキュリティ対策のニーズが必要不可欠となっています。今ある、そして今後も拡大し続ける事が予想されるセキュリティ脅威から守るため、Microchip Technology Incorporated(日本法人: 東京都港区浜松町、代表: 櫟晴彦 以下Microchip社)は本日、PIC18-Q24 MCU(マイクロコントローラ) ファミリ( (リンク ») )を発表しました。

PIC18-Q24 MCUでは、悪意を持って組み込みシステムに搭載されたデバイスを再プログラムしようとする脅威に対抗するため、PDID(プログラム/デバッグインターフェイス無効化)機能を導入しました。この拡張コード保護機能を有効にすると、プログラム/デバッグインターフェイスへのアクセスがロックアウトされ、ファームウェアに対する不正な読み出し、変更、消去の試行がブロックされます。

「システムのセキュリティの強固さは、その最も弱い部分で決まります。どのようなプログラマブル コンポーネントにも脆弱性が存在する可能性があります。ハッキングを未然に防ぐには、拡張保護機能を実装する事が重要です」とMicrochip社8ビットMCU部門担当副社長のGreg Robinsonは述べています。「Microchip社のPIC18-Q24 MCUファミリは、お客様がシステムの基盤レベルで脅威に対抗できるよう、先進のセキュリティを最優先事項として設計されています」

一般的にセキュアシステムは多種多様なセンサ、メモリチップ、プロセッサと接続して通信する事が多いため、PIC18-Q24 MCUにはMVIO(マルチ電圧I/O)が搭載されています。この機能により、本MCUは外付けのレベルシフタを使わなくても動作電圧の異なるデジタル入力または出力と接続できます。PIC18-Q24 MCUはMVIOを搭載する事で、ボードがシンプルになって部品コストを削減できるだけでなく、より大きなプロセッサに対して監視とテレメトリを実行するシステム管理プロセッサとして特に適しています。一般に、一見すればただのルーチン作業とも思えるこれらのタスクこそ、組み込みシステムにアクセスしようとするハッカーに対して最も脆弱な部分なのです。

PIC18-Q24ファミリには、ファームウェアを安全にアップグレードする方法が必要なアプリケーション向けに書き換え不可のブートローダを備えたオプションもあります。詳細はMicrochip社のPIC(R) MCUウェブページ( (リンク ») )を参照してください。

開発ツール
PIC18-Q24 MCUはMicrochip社の包括的な開発エコシステムで完全にサポートされており、MPLAB(R) Code Configurator (MCC)との連携を前提に設計されています。PIC18F56Q24( (リンク ») ) Curiosity Nano評価用キット(EV01E86A)はPIC18-Q24ファミリを使った設計を完全にサポートします。これらの特長を連携させる事で、シームレスな組み込み開発体験と開発期間の短縮を実現します。

在庫/供給状況
詳細とご購入はMicrochip社の正規代理店にお問い合わせ頂くか、Microchip社のオンラインストアのウェブサイト (リンク ») をご覧ください。

リソース
高画質の写真は報道関係専用窓口までお問い合わせ頂くか、Flickrでご覧ください。
● (リンク »)

Microchip Technology社について:
Microchip Technology社(以下、Microchip社)はスマート、コネクテッド、セキュアな組み込み制御ソリューションのトッププロバイダです。使いやすい開発ツールと包括的な製品ポートフォリオにより、リスクを低減する最適な設計を作成し、総システムコストの削減、迅速な商品化を実現できます。Microchip社は産業、車載、民生、航空宇宙と防衛、通信、コンピューティングの市場で125,000社を超えるお客様にソリューションを提供しています。Microchip社は本社をアリゾナ州チャンドラーに構え、優れた技術サポート、確かな納期、高い品質を提供しています。詳細はMicrochip社ウェブサイト( (リンク ») )をご覧ください。

免責および注意事項
性能は、使用状況、構成、その他の要因によって異なります。絶対的なセキュリティを提供できる製品またはコンポーネントはありません。実際のコストや結果は異なる場合があります。

本文書内で将来の計画や予想について言及している記述は、将来の見通しについて述べたものです。これらの記述は現時点での予想に基づくものであり、多数のリスクや不確定要素を伴うため、実際の結果は、これらの記述に明示的または暗黙的に示されたものとは大きく異なる可能性があります。実際の結果が大きく異なる原因となり得る要因の詳細については、 (リンク ») にある最新の収益報告書とSECへの届出を参照してください。

詳細については、以下にお問い合わせください。
Daphne Yuen (Microchip社): daphne.yuen@microchip.com




本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]