オークファン、IT導入支援事業者に認定 RPAツール「オークファンロボ」の導入費が実質半額に

株式会社オークファン

From: PR TIMES

2023-12-27 12:40



株式会社オークファン(本社:東京都品川区、代表取締役:武永修一)はこの度「IT導入補助金2023」を支援するITベンダー・サービス事業者として認定されたことをお知らせします。これにより補助金交付対象の中小企業・小規模事業者様は、当社が運営するRPAツール「オークファンロボ」を実質半額で導入いただけます。

IT導入補助金について

IT導入補助金とは、中小企業・小規模事業者等の労働生産性の向上を目的として、業務効率化やDX等に向けた ITツール(ソフトウェア、サービス等)の導入を支援する補助金を意味します。当社では業務自動化RPAツール「オークファンロボ」を提供していることから、IT導入支援事業者として認定されました。
当社ではRPAツール「オークファンロボ」の他にも、国内最大級のBtoB卸モール「NETSEA」や日中間のBtoB輸出プラットフォーム「NETSEA CHINA(奈特喜)」などの運営を通じて、様々な業界の業務自動化やDX化に貢献しています。

補助金を活用した業務自動化化RPAツール「オークファンロボ」の導入をご検討の事業者様は、サービス特設ページよりお問い合わせください。▶リンク ») ">https://リンク ») ">aucfanrobo.com/


オークファンロボについて

[画像1: (リンク ») ]

サービスページ: (リンク »)

オークファンロボは、IT専門知識不要・実務担当者様向けの業務自動化ソリューション(RPA)です。

パソコン上の繰り返し作業を“引継ぎ”感覚でオークファンロボに設定することで、手軽に業務自動化・効率化を実現できます。

データ入力や登録などの単純作業のみならず、受発注業務や在庫管理業務などの規則性ある作業、データ集計や報告書作成といったレポーティング作業など、様々な場面において活用いただけます。

導入後は約1ヶ月間、専属のコンサルタント担当が初期設定をサポートいたします。


オークファングループについて
オークファングループは、社会の様々な「RE」を統合した唯一無二の再流通インフラを構築する「RE-INFRA COMPANY」として、国内で300兆円規模、海外を含めると数千兆円規模と推定されるBtoB卸売市場のDX化に取り組んでおります。

オークファングループは、国内事業を基盤とし海外市場に展開していくことで、BtoB卸売市場のリーディングカンパニーを目指し、事業展開をしてまいります。

【今後の展望】
[画像2: (リンク ») ]

オークファン概要
会社名: 株式会社オークファン
代表者: 代表取締役 武永 修一
設立: 2007年6月
資本金: 9億7,368万円 (2023年9月末現在)
従業員: 165名 (2023年9月末現在 ※連結)
所在地: 〒141-0001 東京都品川区北品川5-1-18 住友不動産大崎ツインビル東館7F
コーポレートサイト  (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社オークファンの関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ZDNET Japan クイックポール

マイナンバーカードの利用状況を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]