ビービット、小売り・EC特化型MA/CRMツール「OmniSegment」をTableauと連携し、分析機能を強化

株式会社ビービット

From: Digital PR Platform

2024-01-30 10:00


株式会社ビービット(本社:東京都千代田区、代表取締役:遠藤 直紀、以下「ビービット」)は、小売り・EC特化型のMA/CRMツール「OmniSegment(オムニセグメント)」にTableau Software社のBIツール「Tableau」の機能を埋め込むことで、分析機能を強化したことを発表します。これにより、店舗とECのクロスセル状況など、より精緻かつカスタマイズ性の高いデータ分析を行うことが可能になります。

(リンク »)

データ分析が鍵を握る、成果が上がる既存顧客アプローチ

コロナ禍を経て国内EC市場は大きく成長してきましたが、物販系分野を中心にその成長率は鈍化しています(経済産業省「令和4年度電子商取引に関する市場調査」)。さらに、消費者行動の多様化、人口停滞、個人情報保護への対応など昨今のマーケティング環境の変化によって、広告による新規顧客の獲得といった従来のマーケティング手法によるビジネス成長が困難になりつつあります。

そうした背景から、EC事業を成長させていくためには、新規顧客の獲得だけではなく既存顧客との関係性の強化に注力する必要があります。ビービットの過去の支援実績データから見ても、EC事業の売上の約半分はリピート顧客から生まれており、既存顧客へのアプローチは投資対効果が非常に高いことがわかっています。

既存顧客との関係性維持・深耕には、経営陣とマーケティング部門が同じデータを見ながら、PDCAを高速で回し続けると同時に中長期的な経営判断を行うことが重要です。ビービットが提供する「OmniSegment」は、一人ひとりの行動データを含めたあらゆる顧客・商品データを用いて精度の高い顧客コミュニケーションを実現できる、ECに特化したMA(Marketing Automation)/ CRM(Customer Relationship Management)ツールです。よりカスタマイズ性の高いデータ分析機能を提供するため、今回新たに機能実装を行いました。


タイムリーな状況把握によって、迅速な意思決定・緻密な計画立案が可能に

今回、TableauのBI機能を埋め込むことで、「OmniSegment」上の全てのデータを用いたあらゆる角度からの分析を行うことが可能になりました。Tableauの膨大なデータをわかりやすく可視化する強みを活かし、ユーザビリティも向上しています。

EC業界に精通した専門のコンサルタントチームによる最適なデータ分析手法を用いた基本ダッシュボードに加え、個別要望に合わせてカスタマイズしたダッシュボードの提供をオプションでご用意しています。

<利用できるダッシュボードの例>

RFM分析(※)
流入元別・商品ジャンル別の年間LTV分析
バスケット(併売)分析
実店舗とECのクロスセル分析 など

※「最終購入日(Recency)」「購入頻度(Frequency)」「購入金額(Monetary)」これら3つの指標を用いて顧客をグループに分ける分析手法

今回の分析機能の強化によって、経営陣とマーケティング部門は、EC事業の状況をより包括的かつタイムリーに理解し、迅速な判断と中長期な計画立案が可能になります。


(リンク »)

RFM分析:最終購入日・購入頻度・購入金額でユーザを分類し、重点グループを特定


(リンク »)

CPM(Customer Portfolio Management)分析:累計購入金額・在籍期間・離脱期間でユーザを分類しグループごとの特徴を可視化


OmniSegmentとは
「OmniSegment」は、小売り・EC領域におけるグロースマーケティングを実現するMA/CRMツールです。精度の高い顧客コミュニケーションを実現するために必要なCDP(データ収集・統合)・BI(セグメンテーション・分析)・MA/AI(施策の設計・実行)、さらにEC領域のプロによる手厚いサポートまでをトータルで提供します。高度なマーケティングの実行機能と圧倒的に使いやすいUIによって、ECにおける持続的なLTV向上とビジネス成長を実現します。
(リンク »)


株式会社ビービット  
所在地:東京都千代田区大手町2-2-1 新大手町ビル10階
設立:2000年3月
代表取締役:遠藤直紀
新しい技術を、生活に溶け込む体験に変えていくグローバルUXカンパニー。
あらゆる企業活動をUX起点で捉えなおし、戦略構想立案、サービス立ち上げ、自社SaaSを駆使したグロース業務まで、全方位に支援。
公式HP : (リンク »)
X : (リンク »)
Facebook : (リンク »)


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]