旅ナカアプリ「VERY」を、リーガロイヤルホテルグループの9施設に導入 ホテル業界向けシステムベンダー初!多言語観光案内情報をAPI連携で一元管理

株式会社アクティバリューズ

2024-01-23 10:00

観光分野のDXを推進する株式会社アクティバリューズ(東京都渋谷区)が開発・運営しているAI活用の顧客体験プラットフォーム「talkappi(トーカッピ)」と多言語対応の旅ナカアプリ「VERY(ベリー)」が、株式会社ロイヤルホテル(大阪市北区、代表取締役社長:植田 文一)が展開するリーガロイヤルホテルグループの9施設に順次導入されます。
導入施設一覧(2024年1月23日現在)
・リーガロイヤルホテル(大阪)
・リーガロイヤルホテル東京
・リーガロイヤルホテル京都
・リーガロイヤルホテル広島
・リーガロイヤルホテル小倉
・リーガグラン京都
・リーガプレイス京都 四条烏丸
・リーガプレイス肥後橋
・都市センターホテル

株式会社ロイヤルホテルは、1935年、大阪政財界の「賓客のための近代的ホテルを大阪に」という要望を受け誕生した「新大阪ホテル」からその歴史が始まりました。現在は、旗艦ホテルである「リーガロイヤルホテル(大阪)」をはじめ、国内外で13のホテルを展開する「リーガロイヤルホテルグループ」を運営。開業以来80有余年に亘り、国賓・皇室をはじめ国内外のお客様をお迎えするホテルとして感動と満足の追求を主軸としたホテル経営を行っています。

2022年10月からの水際対策緩和に伴い、インバウンド観光が回復に向かっています。また、2025年に大阪・関西で開催予定の日本国際博覧会(大阪・関西万博)に備えて、株式会社ロイヤルホテルは、お客様が旅を満喫するための様々な情報を包括し、二次元バーコードを読み込みだけで多言語で表示できる旅ナカアプリ「VERY」をグループ9ホテルに順次導入されます。加えて旅マエから24時間・ 365日に自動対応可能な多言語AIチャットボット(talkappi CHATBOT)、FAQシステム(talkappi FAQ)も9ホテルに導入されます。

今回のサービス導入により、「talkappi」に登録された多言語観光案内コンテンツを、ホテルの公式サイトのCMSとAPIで連携させ、各サイトの外国語ページに表示できるようになりました。これにより、多言語での情報案内が一段と強化され、外国人観光客との接客をより円滑に行うことができます。また、様々な接客チャネルで案内情報を提供できると同時に、「talkappi」のデータベースで案内情報を一元管理することで、情報の整合性を確保でき、案内情報のメンテナンスも以前より効率的に実施できます。異なるチャネルで提供される情報を一貫させることで、お客様に対してより信頼性の高いサービスを提供できるようになりました。

なお、チャットボット、FAQ、旅ナカアプリおよびホテル公式サイトの多言語観光案内情報の一元管理については、ホテル業界向けシステムベンダー初の取組となります。
(※)当社調べ(2023年12月に、日本国内の主なホテル業界向けシステムベンダーを調査)

旅ナカアプリ「VERY」の詳細については、以下よりご確認ください。
URL: (リンク »)  

観光特化の顧客体験プラットフォーム「talkappi」の案内情報のAPI提供については、こちらをご参照ください。
URL: (リンク »)  

■「talkappi」について
「talkappi」は、観光分野に特化したAI活用の顧客体験プラットフォームです。日本語、英語・中国語(簡体字・繁体字)・韓国語を含む最大109言語に対応可能、ホテル・旅館・観光自治体・観光体験事業者を中心に日本国内で600施設以上に導入されています。導入施設の公式HPに加えて、公式アプリ、LINE公式アカウント、Facebookページ、WeChat公式アカウントなど様々な顧客チャネルに対応しています。

下記の主要機能を備えております。
・AIチャットボットによる問合せの自動応答
・チャットで完結できる予約・販売
・チャットボットのデータからFAQページを自動生成
・セグメント別プロモーション配信
・アンケート実施、クーポン発行
・提供サービスやイベントなどの予約・申込
・多言語ウェブページの簡単作成
・旅ナカの全てをカバーする専用アプリ「VERY」

詳しくは、下記よりご覧ください。
URL: (リンク »)

★無料オンラインセミナーを毎月開催!
宿泊施設の様々な課題を取り上げ、AIなどの最新技術での解決方法や業界のトレンド、他施設の活用事例などを共有致しますので、ぜひご参加ください。
◎ご参加申込はこちらへ
URL: (リンク »)

【会社概要】
■株式会社ロイヤルホテル
会社名:株式会社ロイヤルホテル
所在地:大阪市北区中之島5丁目3番68号
会社設立:1932年2月
代表取締役社長:植田 文一
資本金:1億円
URL: (リンク »)

■株式会社アクティバリューズ
会社名:株式会社アクティバリューズ
所在地:東京都渋谷区代々木1-30-14
会社設立:2016年6月17日
代表取締役社長:陳 適
資本金:1億9,270万円(資本準備金を含む)
URL: (リンク »)  

株式会社アクティバリューズは、「観光で地域を元気にする、交流を通じて世界平和に貢献する。」という理念のもと、観光分野の技術革新に挑戦し続けています。今後も機能の拡張とサポート領域の拡大に注力し、より一層のサービス向上に取り組んでまいります。

■本件に関するお問い合わせ
株式会社アクティバリューズ
info@activalues.com
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]