完全栄養製品の市場規模、2028年に75億8000万米ドル到達見込み

株式会社グローバルインフォメーション

2024-02-13 09:00

株式会社グローバルインフォメーション(所在地:神奈川県川崎市、代表者:樋口荘祐、証券コード:東証スタンダード 4171)は、市場調査レポート「完全栄養製品の世界市場レポート 2024年」(The Business Research Company)の販売を2月9日より開始いたしました。
【 当レポートの詳細目次 】
(リンク »)

完全栄養製品は、最適な健康のために必要な大栄養素と微量栄養素をバランスよく配合した食品またはサプリメントです。これらの製品は、バランスの取れた食事と健康的なライフスタイルを補完し、補強するように設計されています。

完全栄養製品の主な形態には、粉末、RTD(Ready-to-Drink)シェイク、バーがあります。通常、サプリメントは粉末状でも入手でき、水や牛乳と混ぜて、体に必要な栄養素を満たす栄養飲料を作ります。これらの製品は、スーパーマーケット、ハイパーマーケット、コンビニエンスストア、オンラインプラットフォームなど、さまざまなチャネルを通じて流通し、乳幼児、子供、大人、高齢者などの年齢層の消費者に対応しています。

完全栄養製品の市場規模は近年力強く成長しています。2023年の55億6000万米ドルからCAGR6.3%で成長し、2024年には59億1000万米ドルに達する見込みです。過去の期間に見られた成長は、健康に対する意識の高まり、高齢化人口の増加、多忙なライフスタイル、スポーツとフィットネスのトレンド、栄養不足に対する意識の高まりに関連しています。

完全栄養製品の市場規模は、今後数年間で力強い成長が見込まれます。2028年にはCAGR6.4%で75億8000万米ドルに達する見込みです。この間予想される成長は、パーソナライゼーションやカスタマイズ、eコマースや消費者直販チャネルの台頭、メンタルヘルスや認知機能への注目の高まり、持続可能性や倫理への配慮、政府の取り組みや規制などの要因によるものと考えられます。今後注目すべき動向には、パーソナライゼーションとカスタマイズ、植物性タンパク質と代替タンパク質の人気、健康効果を目的とした機能性成分の使用、利便性と外出先でのオプションの需要、デジタルヘルス&ウェルネスソリューションの統合などが含まれます。

完全栄養製品市場の成長は、肥満、心血管疾患、がんなどの健康状態の有病率の上昇によって促進されると予想されます。この傾向は、心臓病、脳卒中、特定の種類のがんなどの症状を引き起こす、肥満に関連する健康上の課題に直面する人の増加を反映しています。完全栄養製品は、大栄養素と必須微量栄養素をバランスよく組み合わせることで、健康問題を管理する上で重要な役割を果たします。世界肥満連盟の2023年3月の報告書によると、2035年までに世界人口の51%に当たる40億人以上が太りすぎや肥満に悩まされると予測されています。さらに、20億人近く、つまり4人に1人が肥満の影響を受けると予測されています。2022年12月にJournal of the American College of Cardiology(JACC)が発表したデータによると、2021年の心血管疾患による死亡者数は虚血性心疾患が944万人を占め、心血管の健康問題が重大な影響を及ぼしていることが明らかになりました。有病率の上昇は、完全栄養製品市場の主要なドライバーとなっています。




【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
(リンク »)

【本件に関するお問い合わせ先】
<アジア最大の市場調査レポート販売代理店>
株式会社グローバルインフォメーション
マーケティング部
お問い合わせフォーム: (リンク »)
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
URL: (リンク »)

【会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界5カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社200社以上が発行する調査資料約15万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託、国際会議の代理販売
市場調査レポート/年間契約型情報サービス: (リンク »)
委託調査: (リンク »)
国際会議: (リンク »)

当社は、2020年12月24日に東京証券取引所へ上場いたしました(東証スタンダード市場:4171)。
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]