サルコペニア市場 - 市場の洞察、疫学、市場予測:2032年

株式会社グローバルインフォメーション

2024-02-09 17:00

株式会社グローバルインフォメーション(所在地:神奈川県川崎市、代表者:樋口 荘祐、証券コード:東証スタンダード 4171)は、市場調査レポート「サルコペニア市場 - 市場の洞察、疫学、市場予測:2032年」(DelveInsight)の販売を2月9日より開始いたしました。
【当レポートの詳細目次】
(リンク »)

サルコペニアの市場規模は予測期間(2023年~2032年)を通して安定した成長が予測されています。主要7ヶ国のサルコペニア市場規模は、より良い診断と新たな治療法の発売により拡大が見込まれます。主要7ヶ国でサルコペニアの有病者と診断された総症例のうち、約55%が米国の症例であると予測されています。当社の予測では、2022年にはEU4ヶ国と英国が約700万人のサルコペニア有病者と診断されます。主要7ヶ国では、市場は主に支持療法(ビタミンD、ホルモン療法、その他の適応外薬剤使用)のような標準治療で構成され、2022年には約27億3,100万米ドルを創出しました。

サルコペニアは、骨格筋量、筋力、機能の進行性低下を特徴とする加齢関連疾患です。筋肉量や質の低下は加齢に伴う自然な現象ですが、サルコペニアはこの現象が加速され、病的に現れたものです。発症の要因としては、ホルモンの変化、身体活動の低下、栄養不足、慢性疾患などが挙げられます。サルコペニアは、運動能力の低下、転倒や骨折への感受性の高まり、全体的な生活の質の低下をもたらします。

サルコペニアの診断には、臨床評価、筋肉量の測定、機能検査などを含む包括的な評価が必要です。唯一の決定的な診断基準はありませんが、一般的な方法としては、二重エネルギーX線吸収測定法(DXA)、生体電気インピーダンス分析法(BIA)、筋肉量を定量化する磁気共鳴画像法(MRI)などがあります。さらに、機能的能力を評価するために、歩行速度、椅子立ち、握力などの身体能力検査がしばしば採用されます。診断では、個人の年齢、性別、全体的な健康状態を考慮し、筋肉量と機能を確立された基準値と比較します。これらの多様な指標を統合することで、サルコペニアの存在と重症度を総合的に理解し、適切な介入と管理戦略を導くことができます。

主要7ヶ国におけるサルコペニアの市場規模は、2022年に27億3,100万米ドルに達しました。中でも米国が最大シェアとなり、65%近くとなっています。

当レポートでは、主要7ヶ国におけるサルコペニア市場について調査し、市場の概要とともに、疫学、患者動向、新たな治療法、2032年までの市場規模予測、および医療のアンメットニーズなどを提供しています。


【無料サンプル】
(リンク »)


【本件に関するお問い合わせ先】
<アジア最大の市場調査レポート販売代理店>
株式会社グローバルインフォメーション
マーケティング部
お問い合わせフォーム: (リンク »)
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
URL: (リンク »)

【会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界5カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社200社以上が発行する調査資料約15万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託
市場調査レポート/年間契約型情報サービス: (リンク »)
委託調査: (リンク »)
国際会議: (リンク »)

当社は、2020年12月24日に東京証券取引所へ上場いたしました(東証スタンダード市場:4171)。
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]