中国大手の国機集団グループ「国機海南」との戦略的パートナーシップ契約締結のお知らせ

株式会社オークファン

From: PR TIMES

2024-02-14 18:17

この度、株式会社オークファン(本社:東京都品川区、代表取締役:武永修一)は中国の大手複合企業である中国機械工業集団有限公司(以下:国機集団)グループの国機海南発展有限公司(以下:国機海南)と戦略的パートナーシップ契約を締結したことをお知らせします。



国機海南と当社グループについて


[画像1: (リンク ») ]


【国機集団・国機海南について】
国機集団は12万人以上の従業員を抱え、米フォーチュン誌の「フォーチュン500」にも選定されるなど、中国の機械産業を牽引する巨大なグループ企業です。

100以上の国と地域に360以上の海外事務所を持ち、機械、エネルギー、輸送など産業にまつわる様々な事業を展開しており、総資産3,557億元(7兆3630億円)、営業利益3,439億元(7兆1,187億円)に及びます。*1

そのグループ会社のひとつである国機海南は海南島に本社を構え、自由貿易網の構築を手掛けています。

*1 国機集団HP「2022年重要財務情報」より引用、1元20.7円で計算( (リンク ») )

【オークファングループについて】
オークファングループは、社会の様々な「RE」を統合した唯一無二の再流通インフラを構築する「RE-INFRA COMPANY」として、国内で300兆円規模、海外を含めると数千兆円規模と推定されるBtoB卸売市場のDX化に取り組んでおります。

国内事業を基盤とし海外市場に展開していくことで、BtoB卸売市場のリーディングカンパニーを目指し、事業展開をしております。

当社の対面市場
[画像2: (リンク ») ]

海外事業 全体像
[画像3: (リンク ») ]

この度の戦略的パートナーシップ契約について


当社と国機海南では、海外事業において様々な取り組みを検討してまいりますが、まず第一弾として、当社が運営する常設展示会「日本東京義烏セレクション」での協業を予定しております。
本展示会は3月18日オープン予定で、日本バイヤーは国内にいながら中国サプライヤー(メーカー・OEM受託企業等)と取引することができます。

日本の商習慣とは異なり、中国では購入者と販売者の間に、決済の利便性を図る仲介会社を加えた3社間取引が一般的です。
当社が卸展示会を運営するにあたり、中国サプライヤーと日本バイヤーが安心して取引できるスキームの構築は必要不可欠です。貿易に関するノウハウが豊富な国機海南との提携により、国境を跨いでも確実な支払いと商品の受け取りを実現いたします。

また、両社では自由貿易の発展という共通のビジョンを持っており、両社の連携により相互作用が見込めることから、今後も新たな取り組みを協議してまいります。

日本東京義烏セレクションでの取り組み
[画像4: (リンク ») ]


今後について


国機海南では、同社が持つ貿易のネットワークを強みに、中国から日本への輸出を全面的にサポートします。
輸出手続きの処理、商品手配、物流手配、支払いの円滑化など、輸出における様々な業務を請け負うことで、日本と中国との自由貿易の活性化を目指します。

この度の展示会における協業を第一弾とし、今後当社グループが描く中国市場へ向けた「オンライン・オフライン」「輸出・輸入」の4軸の取り組みにおいても協力関係を持ちながら、強固な貿易網の構築を目指してまいります。

オークファン概要
会社名: 株式会社オークファン
代表者: 代表取締役 武永 修一
設立 : 2007年6月
資本金: 9億7,368万円 (2023年9月末現在)
従業員: 165名 (2023年9月末現在 ※連結)
所在地: 〒141-0001 東京都品川区北品川5-1-18 住友不動産大崎ツインビル東館7F
コーポレートサイト  (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社オークファンの関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]