サイエンスアーツ、生成AIでデスクレスワーカーを支援、IP無線アプリ「Buddycom」と「Azure OpenAI Service」を連携

株式会社サイエンスアーツ

From: PR TIMES

2024-02-26 15:17

株式会社サイエンスアーツ(以下「サイエンスアーツ」)が提供するデスクレスワーカーをつなげるライブコミュニケーションプラットフォーム「Buddycom(バディコム)」は、日本マイクロソフト株式会社(以下「マイクロソフト」)が提供する「Azure OpenAI Service」と連携したことをお知らせします(連携したサービスを以下「本サービス」)。また当社は、ソフトバンク株式会社(以下「ソフトバンク」)および本サービスの技術支援をするJTP株式会社(以下「JTP」)と協力して、デスクレスワーカーを多く抱える小売業を中心とした企業に、本サービスを提供します。
なお、2024年3月12~15日に開催される流通情報システム総合展「リテールテックJAPAN 2024」(主催:日本経済新聞社)のソフトバンクのブースに、本サービスが参考展示されます。



[画像1: (リンク ») ]

【Buddycom×Azure OpenAI Serviceの連携概要】


本サービスは、スマートフォンやタブレットをトランシーバーのように利用できるアプリでシェアNo.1※1の「Buddycom」に、マイクロソフトが提供する「Azure OpenAI Service」を組み合わせ、企業が保有するマニュアルなどのデータを生成AIが読み込み、デスクレスワーカーに提供する回答を生成します。
従来デスクレスワーカーは、お客さま対応をはじめとした店頭業務中にパソコンやスマートフォンを操作する時間が十分に確保できず、生成AIを活用しにくい環境にありました。本サービスは企業が保有するデータを基に、生成AIが作成する文章を端末の音声合成機能※2が読み上げ、インカムを通してデスクレスワーカーに伝えることで、小売業を中心とした店舗スタッフの生成AI活用を支援し、生産性の向上を促進します。

例えば、小売店の店舗スタッフは接客対応で「この商品はどこにありますか?」「商品の使い方について教えてください」などの質問を多く受けます。従来は、質問に対して手元のスマートフォンでマニュアルを参照したり、他スタッフに質問することでお客さまに回答していました。
これに対して本サービスは、商品の棚位置データや商品マニュアルのデータを「Azure OpenAI Service」がクローリングし、回答文章を生成して音声で回答するため、マニュアルを参照する時間が短縮できるほか、質問を受ける他スタッフの作業時間を低減します。

※1 デロイトトーマツミック経済研究所「デスクレスSaaS市場の実態と展望2023年度版」
音声(映像)コミュニケーションツール出荷社数(ノンデスクワーカー向け)
※2 音声合成機能とは 指定した文章・単語を、機械がリアルな音声に変換して読み上げる機能です。

【リテールテックJAPAN 2024での展示について】


ソフトバンクは、2024年3月12~15日に東京都江東区の東京ビッグサイトで開催される小売流通情報システム総合展「リテールテックJAPAN 2024」(主催:日本経済新聞社)に出展し、本サービスを参考展示します。
詳細は、「ソフトバンク、流通情報システム総合展「リテールテックJAPAN 2024」に出展 (リンク ») 」をご覧ください。

【今後の展開】


サイエンスアーツは、ソフトバンクおよび本サービスの構築を技術支援するJTPと協力し、小売業を中心としたデスクレスワーカーを多く抱える企業に本サービスを提供します。
またサイエンスアーツでは、スタッフ間や接客における会話ログをデータ化・分析し、接客マニュアルや棚割レイアウト等へフィードバックすることで、業務改善・売上向上に役立てることも目指してまいります。


Buddycomとは ( (リンク ») )


[画像2: (リンク ») ]

デスクレスワーカーをつなげるライブコミュニケーションプラットフォーム「Buddycom」は、インターネット通信網(4G、5G、Wi-Fi)を利用して、スマートフォンやタブレットにアプリをインストールすることで、トランシーバーや無線機のように複数人と同時コミュニケーションを可能にするサービスです。音声、テキストチャット、動画、位置情報(IoT)に加え、AIを利用したデジタルアシスタントでのコミュニケーションが可能です。
利用実績では、航空、鉄道、建設、福祉施設、流通など様々な業種でのコミュニケーション手段として利用されています。

株式会社サイエンスアーツ について


サイエンスアーツは、「世界の人々を美しくつなげる」をミッションとして掲げ、デスクレスワーカーをつなげるライブコミュニケーションプラットフォーム
「Buddycom」を提供しています。「Buddycom」は既に 800 社を超えるお客様の現場で活用されており、音声のみならず、テキスト、画像、動画、位置情報、AI などを活用することにより、あらゆる業種・業界のミッションクリティカルな現場において、新たなチームコミュニケーションを可能にするホリゾンタル×SaaS アプリケーションです。

◆ お問い合わせ先
【社名】 株式会社サイエンスアーツ
【所在地】 東京都渋谷区渋谷1丁目2−5 MFPR渋谷ビル5F
【代表取締役社長】 平岡 秀一
【資本金】 5千万円
【設立】 2003年9月
【E-mail】 pr@science-arts.com
【Webサイト】   (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]