環境・社会・ガバナンスに関するアクロニスの2023年度版ESGレポート公開~サイバープロテクションのリーダーシップを超えて

アクロニスのESG実績、戦略、イニシアティブの包括的レポート

アクロニス・ジャパン株式会社

2024-02-27 15:00

※本リリースは2月15日にスイスシャフハウゼンで発表されたプレスリリースの抄訳です。

サイバープロテクションのグローバルリーダーであるアクロニスは本日、2023年度版の環境・社会・ガバナンス(ESG)レポート(英文)を公開したことを発表しました。このレポートは、2023年の取り組みと詳細な実績と、将来的にプラスの影響を及ぼすための方針を示したものです。2023年度のレポートは、今年度全体でのアクロニスの優れた取り組みおよび実績を示すと共に、世界に有意義な変化をもたらすための当社の貢献に注目したものです。温室効果ガス(GHG)排出量レビューと幅広い重要課題アセスメントの結果を含め、当社の持続可能なビジネスプラクティスに焦点を当てています。アクロニスのステークホルダーにとって重要なトピックとして、当社のCO2排出量削減に向けた基準を定め、さらに国連の持続可能な開発目標(SDGs)との整合性を示すため、当社が影響を及ぼしている分野を明確にしています。

アクロニスはエコロジカルフットプリント(自然環境に与えた負荷を示した数値)の最小化を目指し、一貫して社会責任を重視してビジネスを進めてきました。また、当社を取り巻くコミュニティに積極的に関与し、ボランティアベースの環境保護デーやIT教育といった社会的影響を重視した取り組みを推進しています。特に、学校建設やコンピューターラボの整備、社会的な向上に貢献する教育プログラムの開設を通じて、十分なサービスが行き届かないコミュニティの支援を強化しています。

さらに、パートナー向けにも環境保護プログラムと教育プログラムを拡充しており、サービスプロバイダーによる共同イニシアティブへの参加や、アクロニスが新たに開始したCSR in a Box(デジタルリーダーの育成に向けて子ども向けに開発されたサイバーセキュリティ教育プログラム)の利用を通じて、独自のCSRプログラムを開発できるよう支援しています。アクロニスのパートナーは、より多くのITワークロードにAcronis Cyber Protect Cloudを導入し、顧客の完全なサイバープロテクション実現に必要なソリューションを統合することで、自社のCO2排出量を削減できます。

アクロニスのCEOを務めるエゼキエル・シュタイナー(Ezequiel Steiner)は、「当社は持続可能性の向上に向けて努力していますが、その過程で、考え方を広げ、新たな機会を見つけ、当社の行動と社会全体との間にある互いの結びつきを理解する必要があります。私たちには、すべてのステークホルダーに対して価値を創出する責任があり、そのために、環境・社会・ガバナンスといった配慮を事業運営にしっかりと組み込んでいます」と述べています。

2023年度版ESGレポートの概要:

環境
• GHG排出量アセスメントを初めて実施し、持続可能性に関する目標設定の基準として使用されるデータを含むインベントリ管理計画を策定しました。
• アクロニスサイバー財団アンバサダープログラムを立ち上げ、約300人の従業員が海岸や森林の清掃といった環境保護活動に取り組みました。
• 従業員の協力を得て6日間の環境保護デーを開催し、2,500 kgのゴミを回収しました。
社会
• 資金調達、人道支援、教育の推進を通じて、3,500人超の自然災害および戦争・紛争の被害者に対する継続的な人道援助活動に従事しました。
• コミュニティ開発とサイバーセキュリティ教育の両面で教育活動への取り組みを拡大し、学校建設、コンピューターラボの整備、ITトレーニングクラスの運営を通じて、33,500人以上を支援しました。
• 包括的なビジネスおよびサイバーセキュリティ教育のハブとなる、ベンダーニュートラルなMSPアカデミーを立ち上げました。
ガバナンス
• 調達情報ハブを開発し、サプライヤーアンケートを拡張しました。
• Acronis Trust Centerを開設して一般公開し、認定、コンプライアンス、セキュリティに関する情報を可視化しました。
• 当社のパートナーおよび顧客による独自のESGイニシアティブ立ち上げを支援するため、CSR in a Boxの提供を開始しました。

詳細はアクロニスの2023年度版ESGレポート(英文)をダウンロードしてください。 (リンク »)

アクロニスについて:
アクロニスはデータ保護と サイバーセキュリティ を1つのソリューションに統合し、現代のデジタル社会の安全、アクセス性、プライバシー、真正性、セキュリティ(SAPAS)問題の解として統合と自動化されたサイバープロテクションを提供します。アクロニスは、サービスプロバイダーやITプロフェッショナルすべてのシステム、データ、アプリケーション保護のニーズに、革新的な次世代のアンチウイルス、バックアップ, 、ディザスタリカバリ、人工知能(AI)によるエンドポイント保護管理とサイバープロテクションを柔軟な導入オプションで提供します。アクロニスは、最新のマシンインテリジェンスによる高度なマルウェア対策とブロックチェーンベースのデータ認証テクノロジーで、クラウド、ハイブリッドからオンプレミスまですべての環境を予算に応じて保護します。

アクロニスはシンガポールで設立されたスイス企業です。アクロニスは、45拠点に1800人以上の従業員を擁し、イノベーションに満ちた20年を迎えました。Acronis Cyber Protectソリューションは、150か国以上の国に26言語で提供され、2万社を超えるサービスプロバイダーで利用されており75万社を超える企業を保護しています。

このプレスリリースの付帯情報

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

アクロニス・ジャパン株式会社の関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]