Salesforce、Einstein Copilotを提供開始 CRM向け対話型AIアシスタントにより企業データに基づく信頼できるAIの回答を提供

株式会社セールスフォース・ジャパン

From: PR TIMES

2024-02-29 12:47



※本資料は2024年2月27日に米国で発表されたニュースリリース( (リンク ») )の抄訳版です。本資料の正式言語は英語であり、その内容および解釈については英語が優先されます。本資料に記載の製品の日本での一般提供の時期は未定です。
[画像: (リンク ») ]

Einstein Copilotにより、企業特有のデータとメタデータに基づき、企業と顧客の関係を深く理解することで、信頼できる回答を提供

Einstein CopilotがSalesforceアプリ全体にネイティブに組み込まれ、一貫したユーザー体験を提供し、質問への回答、コンテンツ生成、あらゆるアクションを動的に自動化することで、生産性の向上、顧客との関係の深化、利益率の向上を実現

Salesforceの顧客は、Data Cloud、AI、CRMを1つの製品に統合したSalesforceのEinstein 1 Editionにアップグレードすることで、Einstein Copilotにアクセス可能に

米国セールスフォース(以下Salesforce)は本日、カスタマイズ可能で対話型の新しいCRM向け生成AIアシスタントであるEinstein Copilot( (リンク ») )の正式ベータ版を提供開始すると発表しました。

有用な回答を生成するための適切な企業データが不足している他のAIアシスタントやCopilotとは異なり、Einstein Copilotにより、Salesforceの顧客は自社で保有する信頼できるデータを活用して回答を生成することが可能となります。これにより、Einstein Copilotは、質問への回答、コンテンツの要約、新しいコンテンツの作成、複雑な会話の解釈、ユーザーに代わりタスクを動的に自動化することができます。これらはすべてSalesforceのNo.1 AI CRMアプリケーションに直接組み込まれた単一で一貫性のあるユーザー体験で実現できます。

これは、対話型UI、基盤となる大規模言語モデル、信頼できる企業データを組み合わせることで実現され、Salesforceユーザーは生成AIの力を活用し、まったく新しい方法でアプリケーションと対話することができます。

Salesforceの会長 兼 CEOのマーク・ベニオフは次のように述べています。
「AIは、私たちの業界の歴史において最も重要な瞬間です。AIは顧客との関係を深め、生産性を向上させ、あらゆる企業の利益率を向上させるでしょう。新しいEinstein Copilotは、AIと対話するための素晴らしい直感的なインターフェース、ワールドクラスのAIモデル、そして何よりもAIの恩恵を受けるために必要なデータとメタデータの深い統合をもたらします。Einstein Copilotは、顧客との関係で何が起こっているかを真に理解する能力を備えた唯一のCopilotです」

重要な理由:ITエグゼクティブの86%( (リンク ») )(英語)は、生成AIが自社に大きな影響を与えると信じており、Slackの最新の調査( (リンク ») )(英語)によると、職場でのAI利用は過去四半期だけで24%加速しています。また、AIを使用している従業員の80%( (リンク ») )(英語)が、すでに生産性が向上していると回答しています。このようなAIの採用が増加していることは、AIが組織全体で実務的なビジネス業務を達成するための重要なツールになりつつあることを示しています。

Einstein Copilotの購入について: Einstein 1 Editionは、No.1 AI CRM で成長を加速し、生産性を向上したい企業向けのシンプルなテクノロジーのパッケージです。Einstein 1 Editionは、あらゆる業種の企業がCRM、Einstein Copilot、Data Cloud( (リンク ») )、Slack( (リンク ») )、Tableau( (リンク ») )など、Salesforceの最高のテクノロジーに1つのパッケージでアクセスできるようにし、ビジネスの変革と顧客体験の向上を支援します。

Einstein Copilotの機能
Data Cloudでプロンプトをグラウンディング: Einstein Copilot は、Data Cloud( (リンク ») )から信頼できるビジネスデータを使用して回答をグラウンディングして、最高品質のアウトプットに必要な文脈を提供します。これにより、Einstein Copilot は信頼できる企業データに基づき、より正確でカスタマイズされた回答を生成できます。

即座に使えるアクション: Einstein Copilotには、あらかじめプログラムされた機能、自動応答、またはEinstein Copilotが実行するビジネスタスクなど、すぐに使えるアクションのライブラリが用意されており、プロンプトが表示された際にAIがユーザーに代わって実行します。アクションを組み合わせることで、動的なマルチステップの計画を実行できます。例えば、カスタマーサービスのエージェントがEinstein Copilotにケースのクローズを依頼し、同時に商談作成、もしくは追加の販売を依頼すると、Einstein Copilotはユーザーの意図を理解し、サービス体験の流れの中でそのようなタスクを実行できます。Einstein Copilotにより、アプリケーションやデータ間のサイロは無くなります。

特定のビジネスニーズに合わせてEinstein Copilotをカスタマイズ: Einstein Copilotは、特定のセールス、サービス、マーケティング、コマース、ITのタスクを達成するようにカスタマイズでき、企業や業界のポリシーを適用できます。Copilot BuilderはEinstein Copilotのカスタムアクションを作成でき、プロンプトビルダーは業務フローの中でカスタムプロンプトをアクティベートし、モデルビルダーは独自のAIモデルを使用してEinstein Copilotのカスタム機能を強化します。

意図を解釈し、最適なアクションを選択する推論エンジン: Einstein Copilotの推論エンジン(情報に基づいた意思決定、問題解決、またはインサイト生成のために情報を解釈および処理するプロセス)は、ユーザーのプロンプトの完全な文脈を分析し、実行するアクションまたは一連のアクションを決定し、出力を生成することで、LLMと相互にやり取りします。例えば、営業担当者が Einstein Copilotに「顧客に新しい製品を推奨するのを手伝ってください」と依頼すると、Einstein Copilot は顧客が現在使用している製品を判断し、アップグレードのオプションを理解して、顧客を新しい価値の高いマーケティングセグメントへ移動します。最後に、Einstein Copilotは、MuleSoftとSalesforceフローを使用して、複数のシステムにわたって情報を更新できます。

信頼できる回答とアクションの生成:Einstein Copilotは、Einstein Trust Layerが提供するプライバシーおよびセキュリティ対策により、信頼できるAIのやりとりを提供します。Einstein Trust Layerは、Einstein 1 Platformの一部であり、個人情報(PII)のマスキング、有害性に対するアウトプットのスコアリング、SalesforceのLLMパートナーとのゼロデータリテンションを通じて、不正アクセスやデータ侵害からの情報保護などの機能を実行します。

ユースケース(サンプル)
Einstein Copilot は、AIを活用して生産性とパーソナライゼーションを向上させるチームや業界の方法に革命をもたらし、業務フローの中で便利に使用できます。営業担当者は、自然言語のプロンプトを使用して、記録を要約したり、カスタマイズされたコミュニケーションを生成したりして、よりパーソナライズされた顧客エンゲージメントを提供し、商談の成約を加速できます。カスタマーサービスやフィールドサービスのエージェントは、異なるシステムから関連する回答やオファー、データを表示することで、ケース解決を合理化し、顧客満足度を高めることができます。金融サービス企業は、データ収集と分析を自動化することで、顧客のオンボーディングを簡素化し、パーソナライズされたファイナンシャル・プランを作成することができます。

価格
Einstein Copilotは、Einstein 1 Editionsを購入するか、Enterprise EditionsまたはUnlimited Editionsに追加することで利用可能です。詳細な価格については、こちら( (リンク ») )(英語)をご覧ください。

グローバルでの提供開始時期
Einstein Copilotは、Sales CloudとService Cloud向けにグローバルでベータ版が提供されており、Commerce CloudとMarketing Cloudは2024年後半に提供されます。

Einstein Copilotは現在、米国でのデータレジデンシー、英語環境でサポートされています。(日本国内での提供開始時期は未定)

Einstein Copilot for Tableauは2024年後半に提供予定です。現在、Tableauは、Tableau Pulse( (リンク ») )(日本語版の提供開始時期は未定)とTableau Copilot( (リンク ») )(現在ベータ版)で生成AI機能をサポートしています。



詳細情報
Einstein Copilotの詳細はこちら( (リンク ») )をご覧ください。(英語)

Einstein 1 Platformの詳細は、こちら( (リンク ») )をご覧ください。

Data Cloudの詳細は、こちら( (リンク ») )をご覧ください。


TrailheadのEinstein Copilotの詳細は、こちら( (リンク ») )をご覧ください。


Salesforceについて
Salesforceは#1 AI CRMです。CRM(顧客関係管理)+AI+データ+信頼を Einstein 1という一つの統合プラットフォームで実現することで、全く新しい方法で顧客とつながることを可能にします。Salesforceの詳細については、salesforce.com/jp をご覧ください。

本プレスリリースやその他のプレスリリース、または公式ステートメントで言及された未提供のサービスや機能は現在利用できないものであり、予定通りに、または全く提供されない可能性があります。Salesforceのアプリケーションを購入されるお客様は、現在利用可能な機能に基づいて購入をご判断くださいますようお願いいたします。米国サンフランシスコに本社を置くSalesforceは、ヨーロッパとアジアにオフィスを構えており、ニューヨーク証券取引所ではティッカーシンボル 「CRM」 で取引されています。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社セールスフォース・ジャパンの関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]