【4/4配信】ContentservとForrester Research、Specialized、Webセミナー「PIMとAIで収益を最大化する方法 ~デジタルコマースの差別化戦略~」を開催!

株式会社Contentserv

From: PR TIMES

2024-03-26 13:46

Forresterの分析に基づくB2B/B2C eコマース市場の最新トレンドとデジタルシェルフ成功のための統合PIMソリューション活用の重要性についてディスカッションします

商品情報管理 (PIM) ソリューションのクラウドサービスプロバイダーであるContentservは、独立系調査会社Forrester Research、スポーツバイク業界の有名ブランド、Specialized社からゲストをお迎えし、ForresterのB2B eコマースおよびオンラインマーケットプレース、「PIM Landscape」、「PIM Wave」調査の主な発見とPIMが今日のビジネスに与える影響について共有する、Webセミナーを開催いたします。日本語字幕付きでの提供となり、PIMを活用してビジネスの成長を目指す企業にとって貴重なインサイトが得られる内容です。
(リンク »)



Forresterは「PIM Landscape」レポートの中で、「PIMシステムは現在、企業が「信頼できる唯一の情報源」となる一元的なリポジトリから商品情報を管理することで、収益の拡大に大いに貢献している」と報告しました。

また、「Forrester PIM Wave」レポートの中で、「商品情報の品質を高めることが、コンバージョン率向上に直結しています。この文脈において、PIMシステムはAIを活用し、データの属性と分類を洗練させます。特定の業界に合わせたテンプレート、分類体系(タクソノミー)、およびデータモデルを用いることで、数百万単位のSKUを整理し、数千の販売チャネルへと効率的に情報を配信しています。このようなトレンドや機能の進化に合わせ、企業はAIを用いたデジタルシェルフアナリティクス(DSA)機能を提供し、売上向上をより実現可能にするPIMプロバイダーを選択することが重要です。」と報告しました。

Forrester PIM Wave Q2, 2023 調査レポート(日本語版サマリーレポート)を無料でダウンロードいただけます。 (リンク »)

[画像1: (リンク ») ]

本ウェビナーでは、Forrester Researchの調査データを元に、B2BおよびB2Cのeコマース市場の成長動向やPIMが今日のビジネスに与える影響について掘り下げます。さらに、スポーツバイクの有名ブランドの Specializedから、商品データの品質、オンボーディングプロセス、市場投入までの期間、製品ライフサイクル管理に関するインサイトを通じて、デジタルシェルフでの成功に不可欠なPIMソリューションの重要性を解説します。

■ 開催概要
「PIMとAIで収益を最大化する方法~Forrester Researchと学ぶデジタルコマースの差別化戦略~」
配信日時:2024年4月4日(木) 14:00-14:30 配信(※日本語字幕)

開催形式:オンライン動画配信

お申込み: (リンク »)

参加費用:無料



■ 本ウェビナーに参加して得られること
Forresterの分析に基づくB2B/B2C eコマース市場の最新トレンド

デジタルシェルフ成功のための統合PIMソリューションの最新トレンド

SpecializedによるContentserv活用のベストプラクティス

AIと自動化技術による業務効率化の重要性

Contentservの提供する一貫したデジタルコマース製品ジャーニーの支援


■登壇者紹介
Forrester Research社 アナリスト Chuck Gahun 氏

スポーツバイクの大手ブランド Specialized 社 Associate プロダクトマネジャー Adam Newton 氏

Contentserv Group CEO Michael Kugler



■ Contentservについて
Contentservは、商品情報管理(PIM)、デジタルアセット管理(DAM)を統合した Product Experience Cloudを展開しています。AI搭載のクラウドプラットフォームによって、マーケター、セールスチーム、ITプロフェッショナルが商品コンテンツを効率的に管理し、パーソナライズされた顧客体験を実現することができます。
Shoppingfeedを製品ポートポリオに追加したことで、コンテンツの生成からチャネル連携、分析までの全プロセスを管理し、1,000以上のマーケットプレイスと広告プラットフォームに一貫したデータを配信することが可能になりました。Contentservは、89カ国で300社超に導入され、営業、マーケティング、製品開発、情報システム、アフターサービス等様々な部門で利用されています。
Webサイト: (リンク »)
Linkedin: (リンク »)
Twitter: (リンク »)
Facebook: (リンク »)
[画像2: (リンク ») ]


プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ZDNET Japan クイックポール

マイナンバーカードの利用状況を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]