ゴム製品の市場規模、2028年に5363億4000万米ドル到達見込み

株式会社グローバルインフォメーション

2024-04-10 09:00

株式会社グローバルインフォメーション(所在地:神奈川県川崎市、代表者:樋口荘祐、証券コード:東証スタンダード 4171)は、市場調査レポート「ゴム製品の世界市場レポート 2024」(The Business Research Company)の販売を4月9日より開始いたしました。
【 当レポートの詳細目次 】
(リンク »)

ゴム製品は、様々な用途のために加硫や成形を行うことができる柔軟な材料から作られる様々なアイテムを網羅しています。これらの製品は通常、樹木、特にヘベア属とフィカス属に属する樹木のラテックス樹液に由来します。ゴム製品の用途は、タイヤとリトレッド、ゴムホースとベルト、ゴムシーラント、その他家庭用と工業用の両方で使用される商品の製造に及びます。

ゴム製品の主なカテゴリーは、タイヤ、ホース、ベルト、その他のゴム製品です。タイヤは、車輪のリムを包む円形の部品で、車軸から地面まで車両の重量を支えるとともに、車輪が走行する路面のトラクションを確保します。これらのゴム製品は、成型、押出、加工、ラテックス法などの多様な製造工程を経ています。ゴム製品の利用は、建設・インフラ、自動車、電気・電子、その他さまざまな産業の多くの分野に及んでいます。

ゴム製品の市場規模は近年力強く成長しています。2023年の3982億9000万米ドルからCAGR6.6%で成長し、2024年には4245億5000万米ドルに達する見込みです。過去見られた成長は、自動車産業の成長、工業化と製造業の進展、タイヤ産業の進化、消費財の製造、ヘルスケア分野の成長、ゴム固有の弾性と汎用性に起因しています。

ゴム製品の市場規模は、今後数年間で力強い成長が見込まれており、2028年にはCAGR6.0%で5363億4000万米ドルに達する見込みです。予想される成長は、持続可能でリサイクル可能な素材への注目、スマートでインテリジェントなゴム製品の開発、インフラへの投資、再生可能エネルギー分野の拡大、シーリングソリューションの進歩に関連する可能性があります。今後の主なトレンドには、スマートゴム技術、オーダーメイドゴムソリューション、ゴムリサイクル、ゴム部品の3Dプリント、ゴム配合の革新などが挙げられます。

技術的進歩は、今後も市場成長を促進する見通しです。特に技術に関わる産業は、この傾向の恩恵を受けています。例えば、自動車の燃料消費量(20~30%)に大きな影響を与えるグリーンタイヤなどの技術が支持を集めました。グリーンタイヤは、ウェットグリップ、耐久性、低転がり抵抗を強化し、燃料消費を5~7%削減します。このように、性能の向上と燃費の低減に貢献する技術の進歩が市場成長の一翼を担っています。

建設・インフラ部門の拡大は、当面のゴム製品市場の需要を促進する重要な要因です。建設・インフラ部門は、現代社会を支える物理的な構造物やシステムの構築・維持に極めて重要です。シール、ガスケット、防水膜を含むゴム製品は、防水・気密を確立するための建設に不可欠です。これらの部品は、水の浸入や空気の漏れ、建物や構造物の損傷を防ぐ上で重要な役割を果たしています。




【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
(リンク »)

【本件に関するお問い合わせ先】
<アジア最大の市場調査レポート販売代理店>
株式会社グローバルインフォメーション
マーケティング部
お問い合わせフォーム: (リンク »)
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
URL: (リンク »)

【会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界5カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社200社以上が発行する調査資料約24万点以上をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託、国際会議の代理販売
市場調査レポート/年間契約型情報サービス: (リンク »)
委託調査: (リンク »)
国際会議: (リンク »)

当社は、2020年12月24日に東京証券取引所へ上場いたしました(東証スタンダード市場:4171)。
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ZDNET Japan クイックポール

マイナンバーカードの利用状況を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]