ソフトウェア品質を創造するベリサーブ、クラウド型テスト技法ツールGIHOZでAI機能を提供開始

株式会社ベリサーブ

From: PR TIMES

2024-04-10 11:46

~仕様書からデシジョンテーブルを自動生成、テスト効率向上を実現~

ソフトウェアの検証・品質向上支援に関するサービスを提供する株式会社ベリサーブ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:新堀 義之、以下「ベリサーブ」)が開発・提供するクラウド型テスト技法ツール「GIHOZ(ギホーズ)」は、本日2024年4月10日(水)より仕様書などの文字情報からデシジョンテーブルを自動生成するAI機能「GIHOZ AI -BETA-」の提供を開始しました。
AIによりデシジョンテーブルを自動生成することで、ソフトウェア開発におけるテスト効率や生産性の向上、開発工数の削減が実現できます。

GIHOZ Webサイト:
(リンク »)



[画像1: (リンク ») ]

■AI機能提供開始の背景
GIHOZは、各種テスト技法を手軽に利用しテストケースを効率よく作成できるクラウドツールとして2020年11月25日にリリースして以来、多くのユーザーにご利用いただいてきました。GIHOZの中でも最もよく利用されている技法がデシジョンテーブルテストで、利用数は全体の約4割に当たります。

デシジョンテーブルテストは、複雑な判定ロジックの整理に有用な決定表(デシジョンテーブル)の考え方に基づき、入力条件の組み合わせと対応する出力結果を整理することでテストケースを作成する技法です。複雑な条件や制約のあるソフトウェア仕様を整理し、すべての組み合わせを漏れなくテストする際に有効です。組み合わせパターンを視覚的に分かりやすく整理できるため、テストを実施する前に条件の組み合わせの考慮漏れを防ぐことができます。
このたび、デシジョンテーブルの作成をさらに効率化するためにAI機能を追加しました。

■AI機能「GIHOZ AI -BETA-」について
新たに提供を開始した「GIHOZ AI -BETA-」の機能では、仕様書など自然言語で書かれた文章を入力するだけで、AIが自動的にデシジョンテーブルを生成します。これまでGIHOZでは、テストベースの内容を基にユーザー自身で一からデシジョンテーブルを作成する必要があり、テストケース作成に慣れていないユーザーには使い方が難しかったり、作成に時間がかかったりという課題がありました。「GIHOZ AI -BETA-」は、この負担を大幅に軽減し、効率的にデシジョンテーブルを作成します。

「GIHOZ AI -BETA-」でユーザーが送信したデータはAIの学習に利用されませんので、安心してご利用いただくことができます。
[画像2: (リンク ») ]


■AI機能「GIHOZ AI -BETA-」の特長と機能
AIがデシジョンテーブルを自動生成してくれるため、テストケース作成に慣れていないユーザーでも簡単に活用することができます。

手作業によるデシジョンテーブル作成にかかる時間を大幅に削減し、コストを大幅に節約できます。

AIによるデシジョンテーブルの自動生成は、1日5回まで無料でご利用いただけます。利用回数は毎日0時に自動的にリセットされます。

保存できるテーブル数の上限はありません。生成したデシジョンテーブルをGIHOZ上に保存し、再利用することも可能です。

入力できるテキスト情報の入力文字数は、全角半角を問わず最大500文字です。


※「GIHOZ AI -BETA-」は現在ベータ版であり、本機能で出力される内容には不正確な情報が含まれる可能性があります。本機能を利用するときは必ず結果を確認し、ユーザー自身の責任において利用の可否を判断してください。

■AI機能「GIHOZ AI -BETA-」のお申し込み方法
GIHOZのデシジョンテーブルテストの画面より「GIHOZ AI -BETA-」の利用をお申し込みください。
※GIHOZのご利用申し込みが別途必要です。

■AI機能「GIHOZ AI -BETA-」の価格
無料

■4月17日(水)開催セミナー「品質向上とコスト削減を両立!テスト技法ツールを活用したテストづくりの方法と生成AIを活用した自動化の未来とは」について
[画像3: (リンク ») ]

4月17日(水)に、テストの品質向上とコスト削減を両立する技術である「テスト技法」についてのオンラインセミナーを開催します。
本セミナーでは、テスト技法ツール「GIHOZ」を話のベースとし、テスト技法の適切な選び方やツールを活用した効率的なテストづくりの方法を解説します。また、生成AIを活用することでテストづくりが今後どのように自動化されていくかについて、GIHOZの将来の構想も含めてご紹介します。

名称:品質向上とコスト削減を両立!テスト技法ツールを活用したテストづくりの方法と生成AIを活用した自動化の未来とは
日時:2024年4月17日(水)15:00~ 16:00
(申込受付期間は4月16日の9:00までです。お早めにお申し込みください)  
お申込み方法:セミナーページよりお申込みください
(リンク »)
会場:オンライン開催
参加費:無料
対象者:
・ソフトウェア開発やソフトウェアテストに関わる方
・テストづくりの方法や効率に課題を感じている方

【サービスに関するお問い合わせ】
GIHOZサポート
MAIL:support@gihoz.com

【リリースに関するお問い合わせ先】
広報・マーケティング部 広報・宣伝課 西村、佐藤
TEL: 050-3640-7964
MAIL:vs.marketing@veriserve.co.jp

■株式会社ベリサーブについて
設立:2001年7月24日
代表者:代表取締役社長 新堀 義之
本社:東京都千代田区神田三崎町3-1-16 神保町北東急ビル
事業内容:ソフトウェア事業
1.ソフトウェアテスト・品質関連事業
2.サイバーセキュリティ関連事業
3.コンサルティング関連事業
4.ソフトウェア開発関連事業
5.その他事業
URL: (リンク »)

※掲載されている製品名、会社名、サービス名等は、各社の商標または登録商標です。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社ベリサーブの関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]