Secureworks Taegisを活用した新しいマネージドセキュリティサービスをソフトバンクが提供

セキュアワークス株式会社

From: PR TIMES

2024-05-09 13:46

国内リーディングMSSPパートナーが、Secureworks Taegis XDRプラットフォームを駆使して、 ビジネスに不可欠なサイバーセキュリティサービスを提供

2024年5月9日、東京発 - サイバーセキュリティのグローバルリーダーである Secureworks(R)(セキュアワークス、NASDAQ: SCWX)の日本法人であるセキュアワークス株式会社(代表取締役社長 廣川 裕司、以下 セキュアワークス)は本日、ソフトバンク株式会社(以下、ソフトバンク)が、同社のマネージドセキュリティサービスの一部として、Secureworks Taegisを採用したことを発表しました。ソフトバンクとのパートナーシップにより、サービスポートフォリオの拡大、お客様への価値提供の増幅、収益性を高めるための運用の効率化がもたらされるようになります。

ソフトバンクは、東京に本社を置く電気通信事業者として、国内外のさまざまな企業と連携しています。日本全国の企業は、デジタル変革を強化するためにクラウドやその他の新たな技術への投資を続ける一方、サイバー脅威にさらされる機会も増加しています。日本でのサイバー攻撃の件数が増加する中、攻撃者によるランサムウェアの侵入から展開までの平均滞在時間は24時間未満に減少しており(*1)、ビジネス全体のサイバーレジリエンスを向上させるためには、さらなる投資が必要です。

企業がこういった課題に対応すべく、Secureworks Taegisはマネージドセキュリティサービスの解析プラットフォームの一部として、ソフトバンクのセキュリティアナリストにとって重要な役割を担うことになります。ペタバイト単位の脅威データ、AI、ヒューマンインテリジェンスを搭載したTaegisは、既存の投資を最大限に活用しつつ、同時にソフトバンクのマネージドセキュリティサービスの利点を有効活用したいお客様へ、容易な導入、統合を実現することができます。ソフトバンクとセキュアワークスのパートナーシップにより、顧客が迅速にサイバープログラムを拡張し、サイバーリスクの軽減をできるように支援してまいります。

本発表にあたり、ソフトバンク株式会社 法人プロダクト&事業戦略本部 副本部長 中野 博徳 様よりエンドースメントをいただいております。

「当社のお客様は、各業界の最前線に立ち、未来の創造に取り組んでいます。お客様の急速な技術革新には、知的財産、ステークホルダーのデータ、事業運営を保護するための先進的なサイバーセキュリティソリューションが必要です。脅威の手口が進化する中で、Secureworks Taegis を活用した当社のサイバーセキュリティサービスは、従来よりも迅速かつ効果的にサイバー攻撃を検知、調査、対応することを可能にします」

ソフトバンクは、Secureworks Taegisを活用したマネージドセキュリティサービスを拡大し、より多くの監視データを取り込むなど、サービスの進化を検討していきます。Taegisの拡張性を有効活用することで、ソフトバンクはお客様のニーズに合わせてサービスを構成し、カスタマイズすることができます。

セキュアワークス株式会社 代表取締役社長 廣川 裕司 のコメント:

「ソフトバンク様は、お客様が新たな市場機会を獲得できるようなテクノロジーを常に開拓しており、サイバーセキュリティは、その理念の中核をなすものです。同社のサイバーセキュリティサービスの拡大を目指す中で、Taegisのアーキテクチャーはお客様の個々のニーズに応じてソリューションを適応・拡張できるようになり、国内外に拡大する新たなビジネスの開拓を可能にするものでもあります。ソフトバンク様の新しいマネージドセキュリティサービスに貢献できることを大変光栄に思います。またこれは日本市場における当社の戦略が有効であることの証でもあります」


* 1 【年次レビュー】2023年サイバー脅威の実態: (リンク »)


Secureworksについて

Secureworks(R)(NASDAQ:SCWX)は、SaaSベースのオープンXDRプラットフォームSecureworks(R) Taegis(TM)を通じて人類の発展を守る、サイバーセキュリティのグローバルリーダーです。20年以上にわたる実際の検知データ、セキュリティ運用の専門知識、脅威インテリジェンスとリサーチに裏打ちされたTaegis(TM)は、AIを活用した高度な脅威の検出、インシデント調査の効率化とコラボレーション、適切なアクションの自動実行を実現し、世界中の数千を超える組織のセキュリティ運用に組み込まれています。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]