「婚姻費用自動計算ツール」のリリース<エファタ株式会社>

「離婚弁護士相談Cafe」にて、婚姻費用を計算するための新しいオンラインツール「婚姻費用自動計算ツール」をリリース

エファタ株式会社

2024-05-20 19:30

エファタ株式会社(東京都新宿区高田馬場4-40-12 日興高田馬場ビル8階 代表取締役:加納隆史)は運営メディア「離婚弁護士相談Cafe (リンク ») 」にて、婚姻費用を計算するための新しいオンラインツール「婚姻費用自動計算ツール」をリリースしました。

婚姻費用とは、夫婦が婚姻生活を維持するために必要な費用のことを指します。具体的には、食費、住居費、教育費、医療費、衣料費、光熱費など、日常生活にかかるすべての費用が含まれます。婚姻費用の負担については、日本の民法第760条に規定されており、夫婦はその資力(収入や資産)に応じて、これらの費用を分担する義務があります。

離婚を前提とした別居中であっても、経済的に弱い立場にある配偶者や子供のために、収入の多い側が婚姻費用を負担することが一般的です。

【婚姻費用自動計算ツール】
(リンク »)

ツールの特長:
2024年版の婚姻費用の新算定表に対応した自動計算ツールを提供しており、婚姻費用を手軽に自動計算を行うことができます。

簡単操作: ユーザーフレンドリーなインターフェースで、誰でも簡単に操作可能です。
最新のデータ反映: 最新の算定表を基に計算を行うため、正確な結果が得られます。
プライバシー保護: 入力されたデータは完全に匿名で処理され、プライバシーが保護されます。

背景:
離婚は、当事者にとって大きな生活の変化を伴います。特に、離婚を前提とした別居中でも婚姻費用の見積もりは重要な課題となります。エファタは、この課題に対処するために「婚姻費用自動計算ツール」を開発しました。本ツールを利用することで、ユーザーは生活設計をよりスムーズに進めることができます。

ご利用方法:
本ツールは、離婚弁護士相談Cafe( (リンク ») )から無料でご利用いただけます。

このプレスリリースの付帯情報

婚姻費用自動計算ツール

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]