AWS IoTサービスが簡単に構築できるガイドブックのダウンロード提供を開始

ラトックシステム株式会社

From: PR TIMES

2024-06-17 17:16

BLEセンサーを活用したAWS IoTサービス構築を後押し



ラトックシステム株式会社(本社:大阪市西区、代表取締役:近藤 正和、以下ラトックシステム)は、本日よりBLE(Bluetooth Low Energy)センサーとG1ゲートウェイを活用して、AWS IoTサービスを簡単に構築できるガイドブックの提供を開始しました。
[画像1: (リンク ») ]


BLE Gatewayサービス構築ガイドを提供
当社サイトでは、これからAWSを使ったDIYに挑戦する方向けに、AWS(Amazon Web Services)へのアップロード方法を1冊にまとめた「BLE Gatewayサービス構築ガイド」を無償でダウンロード提供。本ガイドではAWSの登録手順やゲートウェイの設定ポイントを解説し、「ゲートウェイからのデータをAWSで受信してセンサーの計測値をログで出力する」までを自前でおこなっていただける構成としています。
[画像2: (リンク ») ]


ブログではダウンロードのほか、AWS IoTサービス構築の概要を紹介した記事をお読みいただけます。

【AWSクラウドIoT活用入門】G1ゲートウェイとBLEセンサーでオリジナルサービスをDIY
(リンク »)

G1ゲートウェイについて
G1ゲートウェイは、MINEW社製のBLE/Wi-Fiゲートウェイです。BLEデバイスのアドバタイズデータ(ビーコン)をスキャンして、Wi-Fiインターネット経由で指定のクラウドやサーバへアップロードします。アドバタイズデータのスキャン能力は1秒間に最大400パケット。ワットチェッカーや環境センサーなど、弊社BLEセンサーデバイスで動作確認済みです。市販のG1ゲートウェイが使用でき、当社でも購入が可能です。
[画像3: (リンク ») ]


当社BLEセンサーについて
当社では、BLEデバイスやIoTデバイスを自社開発しています。Bluetoothのアドバタイズ対応デバイスとして、ワットチェッカー、環境センサー、温湿度計、スマートボタン、そして後日発表予定の開閉センサーがあります。
[画像4: (リンク ») ]


アドバタイズデータのフォーマット資料はダウンロードにて提供、空気質モニタリングサービスなどIoTサービスへの組み込み実績もあります。

例えば、当社製smalia(スマリア)スマートリモコンでは、アドバタイズデータをトリガー(条件)にした連携が可能です(ワットチェッカー除く)。例えば、指定の温度や湿度、CO2濃度になったときに家電を操作したり、ボタンプッシュや窓が開いた際にスマホに通知するといった機能を提供しています。
[画像5: (リンク ») ]
smalia(スマリア)スマートリモコンでの使用例

取り組みの経緯
当社BLEセンサーを使った独自のサービスを構築したいが、構想段階でテストなどはお客様自身でおこないたい、そのようなニーズにこたえるため、BLE Gatewayサービス構築ガイドの提供をおこなうこととしました。IoTサービス例としては、見守りや防犯・防災、空気質計測、エネマネサービスなどがあげられます。この取り組みをソリューション創出の後押しにするべく、今後もIoTビジネスを加速していきます。
[画像6: (リンク ») ]
IoTを活用したソリューション例


関連URL
【AWSクラウドIoT活用入門】G1ゲートウェイとBLEセンサーでオリジナルサービスをDIY
(リンク »)
資料ダウンロード(アドバタイズ関連)
(リンク »)
smaliaスマートリモコン(法人のお客様)
(リンク »)

お問い合わせ
- 法人のお客様からのお問い合わせラトックシステム 東京支店 コーポレート・ソリューショングループMail: (リンク ») TEL:03-5847-7600
- 報道関係の方からのお問い合わせラトックシステム 広報(担当:大塚)Mail: (リンク ») TEL:06-7670-5056


プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]