日本IBM、新設計思想「XDA II」採用のIntel Xeon搭載x86サーバ新製品を発表

CNET Japan Staff 2006年07月31日 20時54分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本IBMは7月31日、IBM独自の新しい設計思想「Xtended Design Architecture II(XDA II)」を採用し、インテルのXeonプロセッサを搭載したx86サーバ新製品を発表した。

 同日発表された製品は、IBM System x3650、IBM System x3550、IBM System x3500、およびIBM System x3400の4製品。インテルが2006年5月に発表した「デュアルコア インテル Xeonプロセッサー5000番台」(開発コード名:Dempsey)、および6月に発表した「デュアルコアインテル Xeonプロセッサー5100番台」(開発コード名:Woodcrest)を搭載する。

 IBMダイレクト価格は、x3650が32万3400円から、x3550が27万9300円から、x3500が24万5700円から、x3400が26万4600円から。x3400は、9月4日に出荷を開始する予定で、そのほかは7月31日より出荷される。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!