インテル、デュアルコア版Itanium「Montecito」は9モデルに

Stephen Shankland(CNET News.com) 2005年10月14日 16時41分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Intelからまもなく「Montecito」プロセッサの3つのモデル(1.6GHzおよび1.4GHzで動作)が発売されると見られているが、来年前半には少なくともさらに6つのモデルが登場する予定だ。

 この広範な製品展開は、CNET News.comが確認したIntelの製品ロードマップで示されていたものだ。またこのなかでは、Itaniumとは異なり、より一般的なソフトウェアの動作するサーバ用プロセッサ「Xeon」についても、広範な製品展開が予定されていることが示されている。

 このほか、このロードマップでは、加熱しすぎない限りはプロセッサの高速動作が可能になるというIntelの新技術「Foxton」の導入により、Itaniumの動作クロックが200MHzほど向上することが示されている。

 Itaniumは、Montecitoで数年ぶりに大幅な変更が行われる。同プロセッサは、デュアルコアを初めて採用するItaniumとなる。ライバルのSun MicrosystemsやIBMでは、何年も前から、デュアルコア技術を導入してきた。こうした大幅な変更にもかかわらず、Intelではナンバリングの数字を9000番台に上げるものの、従来通り「Itanium 2」という名称を使用していく。

 Intelでは、この件に関するコメントを差し控えた。

 Intelの計画では、今年限られた数のMontecitoを出荷し、大量出荷の開始は2006年第1四半期になるという。Itaniumは度重なるスケジュールの遅れや、初期モデルのパフォーマンスの低さ、ソフトウェアが互換性を欠くことなどの影響を受け、Intelでは一般への普及に苦戦してきている。

 「Montecitoは根本的に新しく、本当のデュアルコアプロセッサとして設計されている。これまでのシングルコア製品に比べ、非常に大きなパフォーマンス上のメリットがある」と、Envisioneering Groupのアナリストであり、MemoryLogixのシステムアーキテクトであるPeter Glaskowskyは述べている。だがIntelにとって不幸なのは、Itaniumを求めるユーザーの数が同社の望みよりもはるかに少ないことだと、同氏は付け加えた。

 いっぽうで、SunとIBMは積極的に攻勢を掛けており、それぞれがMontecitoと同じく90ナノメートルnm製造プロセスを採用し、性能を向上させた「UltraSparc」と「Power」の新製品をリリースしている。またAMDでも、同社のサーバ向けプロセッサ「Opteron」にハイエンド向けの機能を追加してきている。

 Hewlett-Packard(HP)はItaniumプロジェクトをスタートさせて、初期のプロセッサを(Intelと)共同開発したメーカーであり、Itaniumサーバの販売でも最大手である。そのほかに、Unisys、Silicon Graphics(SGI)、NEC、日立、富士通もItaniumサーバを提供している。これに対し、IBMとDellは、自社のサーバ製品ラインからItaniumベースの製品を外している。

 最初に発売されるMontecitoは、1.6GHzの「9010」と、デュアルコアの「9020」(1.4GHz)、そしてデュアルコアの「9040」(1.6GHz)の3つだが、これらにはFoxtonが導入され、それぞれ1.8GHz、1.6GHz、1.8GHzになる。

 9020と9040は、18Mバイトの高速キャッシュメモリをオンボードに搭載する一方、9010のメモリ容量は6Mバイトとなる。

 さらに、IntelはMontecitoの低電圧版デュアルコアモデル「9018」も開発している。同チップの動作速度は1.2GHz(Foxtonにより1.4GHzまで高速化)、12Mバイトのキャッシュと400MHzのバスを搭載する。同チップも第2四半期に登場する予定が、62ワットという消費電力はItaniumのハイエンドモデルの130ワット(ピーク時)と比べて、かなり少ない。

 第2四半期には、Itaniumの新しい最上位モデルも登場すると見られている。「9055」というこのチップは1.8GHz(Foxtonにより2GHzまで高速化)で動作し、24Mバイトのキャッシュを搭載する。

 また、同四半期には9010、9020、9040がそれぞれ667MHzのフロントサイドバス(FSB)を採用する予定で、第1四半期に出るモデル(400MHzおよび533MHz)よりも高速化する。これらの新バージョンは「9011」「9021」「9041」と呼ばれることになる。

 Montecitoは元々デュアルコアチップとして設計されているが、Intelではシングルコアモデルも第2四半期に出荷する。「9010」「9011」となるこれらのチップは1.6GHz(Foxtonにより1.8GHzまで高速化)で動作し、6Mバイトのキャッシュを搭載する。この2つのチップの違いは高速なFSBをサポートするか否かだ。

 ミッドレンジの「9030」と「9031」はそれぞれ、1.7GHz(Foxtonにより1.8GHzまで高速化)で動作し、8Mバイトのキャッシュを搭載する。9031にはFSBが採用される。

Dempseyの登場

 Intelは米国時間10日に、初めてのデュアルコアXeonを発表した。「Paxville」(開発コード名)というこのチップは、デュアルプロセッサ搭載サーバ向けのモデルだ。しかし、本格的なデュアルコアXeonは、2006年第1四半期に登場する「Dempsey」からとなる。

 Dempseyの各モデルには5000番台のナンバーが割り振られる。第一四半期には、2Mバイトのキャッシュを2つづつ積んだモデルが少なくとも6種類投入される。これについて、Intelのロードマップでは次のようになっている。

  • 「5070」(動作速度:3.46GHz/FSB:1066MHz/1000個出荷時の価格:851ドル)
  • 「5060」(動作速度:3.2GHz/FSB:1066MHz/同価格:690ドル)
  • 「5050」(動作速度:3GHz/FSB:667MHz/価格:455ドル)
  • 「5040」(動作速度:2.83GHz/FSB:667MHz/価格:316ドル)
  • 「5030」(動作速度:2.66GHz/FSB:667MHz/価格:256ドル)
  • 「5020」(動作速度:2.5GHz/FSB:667MHz/価格:209ドル)

 「Paxville」版のデュアルコアプロセッサ搭載サーバがすでに発売されているが、このチップは元々4基以上のプロセッサを搭載するサーバ向けに設計されていた。ロードマップによると、Paxvilleにはさらに4つのモデルがまもなく登場するという。これらはすべて7000番台となる。

 最上位モデルにあたる「7041」は3157ドルで11月1日から発売される。同チップは3GHzで動作し、800MHzのFSBとデュアルの2Mバイトキャッシュを搭載する。一方、「7040」もほぼ同じ構成だが、FSBが667MHzである点が異なる。

 また「7030」(1980ドル)は2.8GHzで動作し、800MHzのFSBとデュアルの1Mバイトキャッシュを搭載。「7020」(1177ドル)は2.66Ghzで動作し、667MHzのFSBとデュアルの1Mバイトキャッシュを搭載することになっている。

 なお、Paxvilleの後継となる「Tulsa」には、最大で16Mバイトのキャッシュが積まれることになると、このロードマップには記されている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
ハードから読み解くITトレンド放談
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
Gartner Symposium
企業決算
ソフトウェア開発パラダイムの進化
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化