ITSMシンポジウム2006 in Tokyo

2006年05月18日

開催場所: 東京

開催日:  2006年5月24日~5月26日

申込締切日: 2006年5月24日

●日時: 2006年5月24日(水) ~26日(金) ※5/24はプレイベント
●場所: 東京 京王プラザホテル
●登録料:
5/25(木)~5/26(金)ITSMシンポジウム2日間 58,000円
5/25(木) または 5/26(金)ITSMシンポジウム1日参加 34,000円
5/24(水)プレシンポジウム1日参加 58,000円

●対象:
・ITディレクター/マネージャ
・CIO
・ITサービスプロバイダと交渉や係り合いをもつエンドユーザ/顧客
・ヘルプデスク/サポートセンター従事者
・ITサービスに関わるすべての組織

●主催: HDI-Japan(シンクサービス株式会社)

ヘルプデスク協会(HDI)はサポートセンターやサポートスタッフの地位向上を目的として活動し、サポートサービスに携わる人々に、ヘルプデスクやITサポート業界に関するテクノロジ、ツール、最新動向についての情報を提供すると共に、世界で広く認められるスタンダードを業界と共につくりだし、トレーニングと認定資格プログラムを開発・提供しています。

一方サポートセンターやヘルプデスクを取り巻く状況には、ITインフラを中心としたテクニカルサポートやマネジメントが充分行われておらず、サポートプロセス、運用ツール、サポート要員などが効果的に活用されていないケースが多く見られます。また経営層のサポートについての理解が不十分なことも見受けられます。

そこでこのITSMシンポジウムでは、インフラ、プロセス(ITIL)、サポート要員などの話題を含めて、サポートサービスに携わる人々に、次の改善策を探る機会を提供します。国際的に著名な基調講演者を招き、先進企業の代表者によるユーザ事例/ケーススタディや国内外の業界リーダー、コンサルタント、アナリスト、プロバイダなどによる複数の講演セッションやカウンセリングを行います。さらに全参加者がそれぞれの関心あるテーマに分かれ意見交換が行えるラウンドテーブルを複数用意します。ITSMシンポジウムは最新の参加型イベントです。

今年の基調講演では各国のイベントで常に講演者として高い評価を得ているマルコム・フライ氏を招きました。マルコム・フライ氏はITILの世界第一人者として、また現在Remedyエグゼクティブ・コンサルタントとして活躍しています。

このITSMシンポジウムは、ユーザーの視点からサポートサービスを中心としたテーマに取り組み、ユーザーとベンダーともに参加でき、学習し、情報交換し、ビジネス開発の場をご提供致します。

関連情報へのリンク »

のイベント

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?