(再開催)日本企業への提言~牧野弁護士・久保公認会計士(トーマツ)の視点で語る最新内部統制・日本版SOX法対応

新日鉄住金ソリューションズ株式会社 2006年05月29日

開催場所: 東京

開催日:  2006年6月23日

申込締切日: 2006年6月22日

内容
13:00 開 場
13:30-13:40 ごあいさつ
13:40-14:40 2つの内部統制で、会社が目指すべきもの
★法的責任としての会社法内部統制とJ-SOX内部統制の確立について
牧野総合法律事務所 弁護士 牧野二郎
内部統制の議論が具体化してきました。会社法の内部統制は業務全般の適正化、透明化、効率化が求められています。金融商品取引法の概要が見えてきましたが、そこで求められているものは的確な財務処理に関する内部統制です。このセッションでは、企業統治、情報開示、内部統制、そして情報セキュリティの相互関係を図解しながら、具体的対策の立案についてアドバイスさせていただきます。
★14:40-15:20 日本版SOX法施行を見据えた弊社の内部統制強化策      
新日鉄ソリューションズ(株) 企画部 金山 尚弘
弊社では、昨年10月にBCM(事業継続管理)推進室を設立し、日本版SOX法の施行を見据えて「財務報告の信頼性」を確保する内部統制強化を推進しています。本セミナーでは、弊社の事例・経験をふまえ、内部統制プロジェクトの具体像をご紹介いたします。
★15:30-16:20 米国監査事例からみたSOX対応の課題:日本企業への提言
監査法人トーマツエンタープライズリスクサービス部CSR部
公認会計士 久保恵一
わが国では、金融商品取引法案が国会に上程され、内部統制制度(J-SOX)の法制化が秒読み段階に入りました。米国における企業改革法(SOX)の適用初年度では、7社に1社の内部統制に重大な欠陥があると報告されています。わが国においては、特にIT統制に関しては、その必要性が十分理解されていないため、今後の制度対応には十分留意する必要があります。本セミナーでは、米国での監査事例に基づき、日本企業が留意すべきポイントについて提言させていただきます。
★16:20-16:40 日本版SOX法施行を見据えたセキュリティ統制の進め方        新日鉄ソリューションズ(株)
IT全般統制の構成要素の中で特に「リスクの評価と対応」との関わりが深い「セキュリティに関する統制活動」について、その全体像と具体的管理策をご紹介いたします。
★16:40-17:00 SOX法に向けたIT統制に必要となるIdentity Management(IDM) への取り組み
新日鉄ソリューションズ(株)
SOX法に向けたIT統制実現には、「適切な権限を持った人をシステムにアクセスさせ」、「人とシステムの関係を明確化する」ことが必要です。Identity Managementにより、企業に散在する認証情報の一元管理を実現し、内部統制システムの基盤構築を可能にします。
★17:00-17:20 SOX法対応文書管理ECMツール[Stellent]のご紹介 
新日鉄ソリューションズ(株)
SOX対応2年目以降の課題に、「SOX文書と各種記録の改訂管理」と「運用テストの負担軽減」があります。ECM(エンタープライズ・コンテンツ・マネージメント)ベースの文書管理システムStellentがこれをいかに解決するかご紹介いたします。

関連情報へのリンク »

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!