製品情報管理からはじめるコンテンツマネジメント ~商品情報データベース構築事例のご紹介~

Mitsui NeoCore Center 2006年10月05日

開催場所: 東京

開催日:  2006年10月25日

申込締切日: 2006年10月24日

 商品マスターや販売情報は基幹システム、図面・仕様書等のドキュメントは設計部門、商品の画像は広報・宣伝部門といったように、部品に関わる様々な情報の「保存場所」が散在しています。
 また、商品仕様の仕様等はExcelで管理され、そのマニュアルはWordで作成され、図面はCADのファイルで、画像はイメージ形式で存在している等、形式がバラバラです。
 これらの問題を、XMLデータベースNeoCoreXMSを利用し、データの統合化による一元管理した事例を紹介します。

関連情報へのリンク »

Mitsui NeoCore Centerの関連情報

Mitsui NeoCore Center

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 【3/31まで早期割引受付中!】「IBM Watson Summit 2017」開催

    日本IBMが主催する最大の国内総合イベント。テクノロジー・リーダーの疑問を紐解く「企業IT、セキュリティー、モバイル、データ解析などの進化を探る」詳細はこちらから!