製造業におけるAdobe PDFの今後とAcrobatの活用法

株式会社大塚商会 2008年07月29日

開催場所: 大阪

開催日:  2008年8月6日

申込締切日: 2008年8月1日

製造業におけるAdobe PDFの今後とAcrobatの活用法
「使える機能満載!あなたの仕事をサポートするAdobe Acrobat 9」
役立つ機能をデモを交えてご紹介します。
講師:アドビ システムズ株式会社、株式会社大塚商会

[活用シーン]
送られてきたDWGデータ、CADソフトがなくてもAcrobatを利用して
データ内容を確認したい。
社内技術伝承のための動画や音声を取り込んだ、わかりやすい
作業手順書や設計者の製造工程教育テキストを作成したい。
プロジェクト文書などWordやExcelなどのOffice文書と図面を一つの
ファイルに束ねてわかりやすくしたい。
動画、価格表、製品コンセプトなどを一つにまとめた訴求効果の高い
プレゼン資料を作りたい。
STEP、GES、STLなどの中間ファイルに書き出して、データを再利用
したい。
図面の変更箇所を探すのに時間がかかるので、効果的なツールが
欲しい。
3Dモデル情報をイメージデータにして、技術使用書やマニュアルで
再利用したい。


[Acrobat関連情報]
技術文書の世界標準ISO24517 PDF/Eと業界の今後の動向
Acrobat 8で3D編集ツールのAcrobat 3D Toolkitが、
Acrobat 9からAdobe 3D Reviewerに変更になり、機能強化
CATIA V5R18、SolidWorks2008、Inventor2008などの
CADフォーマットがAcrobat 9 Pro Extendedから新たにサポート対応。

[お得な購入方法のご案内]

関連情報へのリンク »

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 【3/31まで早期割引受付中!】「IBM Watson Summit 2017」開催

    日本IBMが主催する最大の国内総合イベント。テクノロジー・リーダーの疑問を紐解く「企業IT、セキュリティー、モバイル、データ解析などの進化を探る」詳細はこちらから!