編集部からのお知らせ
解説:1st ? 2nd ? 3rd ? データ活用での選択
セキュリティの懸念高まる産業用制御機器

経営可視化セミナー

アイ・ティ・エル株式会社

2008-12-05

開催場所: 東京

開催日:  2008-12-17

申込締切日: 1970-1-1

米国に端を発した国際的な金融危機の影響は徐々に実体経済へと広がり、日本企業の多くが来るべき大不況に備え始めています。しかし逆に考えればこういった時にこそ、経営の仕組みを見直すことによりシンプルでスピーディなマネージメントを実現するチャンスではないでしょうか。そのためには、経営の可視化(見える化)を実現することが重要であると考え、ITLでは「経営の可視化における実践・事例・持続」についてセミナーを開催いたします。

基調講演には、IBMビジネスコンサルティングサービス株式会社からアソイエイト・パートナーであり公認会計士でもある海上氏をお迎えし「経営の見える化の実践」をテーマにお話いただきます。
また、株式会社ナルミヤ・インターナショナル経営企画室マネージャー松田氏より、当社ソリューションを利用した予算管理システムの事例について発表を頂戴します。そして、持続的な経営革新を支えるための考え方とシステムのあり方について当社よりお話させていただきます。
経営の可視化(見える化)の具体的なヒントや重要点を得る貴重な機会になると思われます。

セッション1 「Business Performance Management-経営の見える化の実践-」
特別講師:IBMビジネスコンサルティングサービス株式会社
フィナンシャルマネジメント アソシエイト・パートナー
公認会計士、システム監査技術者 海上 和幸 氏

セッション2 「ナルミヤ・インターナショナルにおける予算管理システム構築」
~BzPLAN WE/BizWebFriend導入事例紹介~
特別講師:株式会社ナルミヤ・インターナショナル
経営企画室 マネージャー 松田 宜久 氏

セッション3 「持続的な経営革新を目指して」
~アクションの可視化による予算管理と施策管理の整合~
講師:アイ・ティ・エル株式会社 代表取締役会長 久住呂 厚平
予算実績管理ソフトウェアBzPLAN、予算/見通し/実績を管理する本来の機能に加え、具体的なアクションを設定しトップから現場までモニタリングできる先進の機能をご紹介いたします。

アイ・ティ・エル株式会社の関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]