iPhoneアプリ開発講座 「Instrumentsによるメモリリーク調査技法とSharkによるパフォーマンスチェック技法」

株式会社オープンウィンド 2010年09月16日

開催場所: 東京

開催日:  2010年9月30日

申込締切日: 2010年9月28日

iPhoneアプリを配布する際に、メモリリークが発生するようなアプリの配布は避けたいものです。

iPhone SDKに付属するソフトウェアの中には、Instrumentsというメモリリークを調査する優れた解析ソフトが提供されています。
しかし、デバッグには不可欠なソフトで有りながら、その使用方法は書籍でも、インターネットで検索してもあまり見かけません。
iPhoneアプリプログラマーの中には、Instrumentsを使いたいと思われている方も多いのでないでしょうか?

必要で有りながら情報の少ないInstrumentsを学び、iPhoneアプリ開発にお役立てください。

本セミナーでは、Instrumetsの使用方法を学ぶだけでなく、iPhoneのメモリ管理の解説とハンズオンによるメモリリークの調査を学んで頂きます。

■開催日時

2010年9月30日 (木) 19:00~21:30

■概要および受講対象者

iPhoneアプリ開発の知識を持たれている方が対象となります。
弊社主催のiPhone・デベロッパーズ・カレッジ 基礎コース受講者もしくは、同等のiPhoneアプリ開発における基礎知識を持たれている方。

■会場

中央区立ハイテクセンター
東京都中央区八丁堀3-17-9

■費用

26,250円(税込)

■カリキュラム

1. メモリ管理

2. Instrumentsの使用方法

3. Instrumentsによるメモリリーク調査

4. Sharkの使用法

5. Sharkによるパフォーマンス調査

■本講座の詳細
(リンク »)

関連情報へのリンク »

株式会社オープンウィンドの関連情報

株式会社オープンウィンド

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]