マイクロソフト仮想化技術概要(Version 2)

CTCテクノロジー株式会社(CTC教育サービス) 2012年05月08日

開催場所: 東京

開催日:  2012年6月4日

◎コース詳細
■コース名称:P702 #50287 マイクロソフト仮想化技術概要(Version 2)
□コース略称:
□サブタイトル:~「試験番号 70-659 TS: Windows Server 2008 R2, Server Virtualization」の受験対応コース~

■期間:1日間
■開始時間:13:00
■終了時間:16:30
■価格(税込み):\26,250-
□定員:

■コース概要(目的):
マイクロソフト技術によるサーバー仮想化機能の概要について紹介します。本コースを修了することで、サーバー仮想化が効果的な状況を識別し、必要なハードウェアとソフトウェアを選定できるようになります。

□学習目標: 
・サーバー仮想化の利点と制約を識別することができる
・効果的なサーバー仮想化インフラを計画することができる
・サーバー仮想化インフラを効率よく管理するための製品を識別することができる

□特徴・ポイント:

□対象者:
・サーバー仮想化に興味のあるITエンジニア、営業担当者、ビジネスマネージャ
・MCP [70-659 TS: Windows Server 2008 R2, Server Virtualization]の資格取得を目指す方

□前提知識・条件:
・Windows Server 2008 のインストールと構成に関する基本的な知識があること
・Active Directory ドメインに関する基本的な知識があること

□スクール環境:
・Windows Server 2008 R2 + Hyper-V 2.0
・System Center Virtual Machine Manager 2008 R2
・System Center Operations Manager 2007 R2

■内容:
●サーバー仮想化を巡る現状
・仮想化の要求
・データセンターに対する要求
・サーバー仮想化の問題点と解決策
・サーバ仮想化の利用分野

●サーバー仮想化を支える技術
・サーバー仮想化を支える技術
・CPU の仮想サーバー支援機能
・高速ストレージ
・フェールオーバー クラスタ

●マイクロソフトの仮想化製品概要
・サーバー仮想化のアーキテクチャ
・サーバー仮想化: Virtual Server と Hyper-V
・デスクトップ仮想化: Virtual PC
・プレゼンテーション仮想化: ターミナル サービス
・アプリケーション仮想化: Application Virtualization (App-V)

●サーバー仮想化を支える製品
・System Center ファミリ
・Server Management Suite Enterprise (SMSE) ライセンス スイート
・System Center Virtual Machine Manager (SCVMM)
・System Center Operations Manager (SCOM)
・System Center Configuration Manager (SCCM)
・System Center Data Protection Manager (DPM)

関連情報へのリンク »

CTCテクノロジー株式会社(CTC教育サービス)の関連情報

CTCテクノロジー株式会社(CTC教育サービス)

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]