編集部からのお知らせ
PDF Report at ZDNet:「ドローン活用」
「ニューノーマル」に関する新着記事一覧

Ruby on Rails Webアプリケーション開発入門

CTCテクノロジー株式会社(CTC教育サービス)

2013-02-20

開催場所: 東京

開催日:  2013-02-25

◎コース詳細
■コース名称:R018 Ruby on Rails Webアプリケーション開発入門
□コース略称:
□サブタイトル:~Rails 3 技術者認定ブロンズ試験対応~

■期間:3日間
■開始時間:09:30
■終了時間:17:00
■価格(税込み):\157,500
□定員:16名

■コース概要(目的):
このコースでは実際にアプリケーションを作成しながらRuby on Railsにおける開発手法を短期間で効果的に学習します。
また、Rails 3 技術者認定ブロンズ試験に対応しており資格取得を目指す方にも適しております。

□学習目標:
・RubyのフレームワークであるRuby on Railsを用いたWebアプリケーションが開発できる
・Rails技術者認定ブロンズ試験を受験するためのスキルを身につけることができる

□特徴・ポイント:

□対象者:
・Ruby on RailsでWebアプリケーションの開発をはじめたい方
・Rails技術者認定ブロンズ試験を受験したい方

□前提知識・条件:
・「Ruby入門」を受講された方、または同等の知識をお持ちの方

□スクール環境:
・Ruby 1.9
・Ruby on Rails 3

■内容:
●Ruby on Rails概要
・Ruby on Railsとは
・MVCアーキテクチャ
・Railsコンポーネント
・Bundler
・アプリケーションの起動と終了
・scaffoldジェネレータ

●コントローラとビュー
・コントローラとアクション
・ルーティング
・テンプレートの書き方
・レイアウトテンプレート
・部分テンプレート

●データベースとモデル
・テーブル構成
・モデルの雛形作成
・マイグレーション
・初期データの投入
・バリデーション
・コールバック
・スコープ

●ログイン認証
・ログイン画面の作成
・セッション管理
・フラッシュ
・フィルター

●テスト
・テストコード
・フィクスチャ
・モデルのテスト
・ヘルパーのテスト
・コントローラのテスト
・ビューのテスト
・インテグレーションテスト

●モデル間の関連付け
・関連付け(アソシエーション)
・1対1の関連
・1対多の関連
・多対多の関連

●ActionMailer
・メールの送信

□備考:
※講義および演習の進捗状況によってコース終了時間が前後する可能性があります。
※内容は今後の調整により変更になる場合があります。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法

  2. クラウドコンピューティング

    AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド

  3. ビジネスアプリケーション

    進化を遂げるパーソナライゼーション、企業に求められる変革とは

  4. クラウド基盤

    【事例】機器の老朽化・陳腐化、ストレージ運用の属人化…複数課題を一気に解決したカプコン

  5. セキュリティ

    「日経225銘柄」企業の現状から読み解く、インターネットアクセスにおける業種別の弱点とは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]