編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

ベリサーブ アカデミック イニシアティブ 2016 in 大阪

株式会社ベリサーブ

2016-10-11

開催場所: 大阪

開催日:  2016-11-10

申込締切日: 1970-1-1

昨今、走行安全等システム化が進む自動車分野、IoT(Internet of Things 以下IoT)等によりシステムが複雑化するエンタープライズ向けアプリケーション分野などソフトウェアの役割とその重要性は益々増大しております。ビッグデータ、IoT、人工知能などITの高度化は 目覚ましく、こうしたソフトウェアの活用範囲が広がる中で、当社はお客様の品質向上パートナーとしてお客様とともに事業拡大をご支援して まいりたいと考えております。今回の『ベリサーブ アカデミック イニシアティブ2016』が、皆様の日々の開発業務においてソフトウェアの 構築や品質向上についてご参考になり、実作業の一助となれば幸いに存じます。

【セミナー概要】

 日  時: 2016年11月10日(木) 13:00 ~ 18:30 (受付 12:30 ~)
 会  場: グランドフロント大阪 北館 10F
        ナレッジキャピタル・TOWER B カンファレンスルーム
        大阪府大阪市北区 大深町3−1
 主  催: 株式会社ベリサーブ
 費  用: 参加無料
 定  員: 50名 (定員になり次第締め切りとさせていただきます。)


【セミナープログラム】

<基調講演1>
   IoT時代の派生開発とテスト
   ~変更情報が見えることでアジャイルへの対応も~

      派生開発推進協議会 代表
      株式会社システムクリエイツ
       代表取締役 清水 吉男 氏

<基調講演2>
   形式仕様記述を用いたモデルベースのソフトウェア検証技術

      岡山県立大学
       情報工学部 情報システム工学科
       准教授 横川 智教 氏       

<セッション1>
   効果的なテストを効率的に設計するための世界初のブレークスルー
   ~テスト設計の方法論・支援ツールを活用~

      株式会社ベリサーブ
       ソリューション事業部 サービス推進課
       谷﨑 浩一

<セッション2>
   事例から見るテスト自動化導入のいろは
   ~保守運用で泣かないための効果的なテスト自動化導入アプローチ~

      株式会社ベリサーブ
       ソリューション事業部 クラウド検証ビジネスユニット
       伊藤 由貴

<セッション3>
   テストからはじめるプロセス改善
   ~テストプロセスアセスメントを利用した段階的な継続的改善活動のすすめ~

      株式会社ベリサーブ
       ソリューション事業部 ソフトウエア品質向上ビジネスユニット
       山﨑 崇


【お申込/詳細】

(リンク »)

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

Special PR

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]