ファイル誤送信「ゼロ」実現セミナー ~いまこそファイル転送業務に安全と安心を~

NRIセキュアテクノロジーズ株式会社 2017年09月13日

開催場所: 東京

開催日:  2017年10月19日

申込締切日: 2017年10月19日

メールやファイルの誤送信、USBメモリやメディアなどの記録媒体の紛失など、ヒューマンエラーを起因とした情報漏えい事故が後を絶ちません。個人情報やマイナンバーなど、機密情報を社外とやりとりする業務は今後もなくなることはなく、常にヒューマンエラーのリスクを伴います。
では機密情報、重要情報の社外とのやりとりで、われわれはこのリスクをどう回避・解決すればよいのでしょうか?

弊社の提案する解決策の一つがファイル転送サービスの活用です。必要なのは重要な情報が詰まったファイルを安全かつ安心して、誤送信なく転送できるサービスを選ぶこと。ポイントは、数多くある類似サービスから、何を基準に判断し、選択するかにあります。

本セミナーでは、ファイル転送サービスを15年以上にわたって運営する中で蓄えてきた知見をもとに、この選定基準を解説します。あわせて弊社が提供するファイル転送サービス「クリプト便」でファイル誤送信「ゼロ」をいかに実現するかについてもご紹介します。

■14:30 開場・受付開始

■15:00 ~ 15:30 セッション1
ファイル転送サービス、何を基準に選択するか?

ひとたび漏えいすると深刻なインシデントになりかねない機密・重要情報。電子メールに添付してのやりとりには、誤送信、第三者による盗聴やなりすましなど、多くの危険が潜んでいます。また大容量のファイルはメールに添付できないこともあります。より安全かつ確実なデータのやりとりには、ファイル転送サービスを活用するのが一つの解決策です。
とはいえ、無料有料問わず、多くの企業からから様々なファイル転送サービスが提供されており、いったい何を基準に自社に合ったサービスを選べばよいか判断が困難なことも確かです。
本セッションでは、安全・安心かつ効率的にデータをやりとりするために、何を基準にファイル転送サービスを選定すべきかについて、解説いたします。

■15:30 ~ 16:10 セッション2
業界1位!安全・安心のファイル転送「クリプト便」のご紹介

トップシェアを3年連続獲得してきた「クリプト便」。日本初の民間シンクタンク野村総合研究所擁するセキュリティ専門家集団である弊社が、15年以上の長きにわたって改良を重ねてきたファイル転送サービスです。
本セッションでは、金融業界を筆頭に、セキュリティへの要望が高い様々な企業様に選ばれてきたクリプト便の多彩な機能や特徴をご紹介します。またメールに添付する操作感をそのままに添付ファイルをクリプト便に自動連携するクリプト便 for m-FILTERや、その他FinalCodeやBOXといったファイル関連ソリューションもご紹介します。

- - - - - - 休憩 10分間 - - - - - -

■16:20 ~ 17:00 セッション3
ファイル誤送信「ゼロ」はこうやって実現する!
~ユースケース別クリプト便活用事例~

ヒューマンエラーのリスクを回避し、ファイル誤送信「ゼロ」を実現するためにはどうすればよいのでしょうか。
クリプト便は、この目的を達成するために開発した様々な機能を備えています。その究極ともいえる機能がファイル自動配信「オートパイロット」オプションです。基幹システムなどから自動的に生成されたファイルを取り込み、API経由でクリプト便に自動連携することで、ヒューマンエラーの介入をなくし、誤送信「ゼロ」を実現します。
本セッションでは、様々なセキュリティ要件にマッチするクリプト便の機能活用事例とファイル自動配信「オートパイロット」オプションをご紹介します。

■17:00 ~ 17:10 相談会

関連情報へのリンク »

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]