2017年12月5日(火)開催「2018年グローバルヘルスケア業界の主要トレンドと展望」 日本企業にとって最適な成長機会は何か

フロスト&サリバン ジャパン株式会社 2017年11月02日

開催場所: 東京

開催日:  2017年12月5日

申込締切日: 2017年12月4日

フロスト&サリバンジャパン株式会社(本社:港区赤坂 代表取締役:ロビン・ジョフィ)は、2018年のグローバルヘルスケア業界の展望を発表するエグゼクティブ・ブリーフィングを2017年12月5日(火)に東京コンファレンスセンターで開催します。

2018年はIoTをはじめ、AI(人工知能)、ビッグデータなどの主要なデジタルヘルス・ソリューションの幅広い導入が始まる転機の年となり、ブロックチェーンやデータレイク(Data Lake)などのテクノロジーの臨床用途での活用開始が見込まれています。ヘルスケア企業のみならず、あらゆる業界が価値に基づいたヘルスケアサービスの展開を開始する中、医療データは新たな収益源としての価値を確立しつつあり、ヘルスケア企業にとって新たな競争上の強みとなります。好調な世界経済や医療規制改革にくわえて、日本企業の強みである優れた技術力やイノベーション創出に向けた取り組みは、日本企業が2018年に再生医療、デジタルヘルス、ヘルスケアのサービス提供モデルといった領域でのビジネス成長をグローバル市場で実現する土壌となるでしょう。

本プレゼンテーションでは、フロスト&サリバンによる2018年のグローバルヘルスケア業界の主要トレンドと展望について、日本企業が国内外市場でビジネス成長を実現するために投資すべきソリューション・サービスやビジネスモデルについて解説します。

本ブリーフィングでは、以下の事項をカバーします:
・2018年のグローバルヘルスケア市場の展望
・2018年のグローバルヘルスケア業界の市場規模・成長率の見通し
・2018年のヘルスケア市場における主要セグメントのトレンド予測
・2018年のヘルスケア市場における主要なマクロおよびミクロトレンド
・2018年のヘルスケア市場で注視すべき医療テクノロジーの動向

皆様のご来場をお待ちしています。

--------------------------------------
<開催概要>

【日時】 2017年12月5日(火)9:30 - 11:30 (9:00開場)

【会場】東京コンファレンスセンター Room 402N    
東京都港区港南1-9-36 アレア品川 (地図  (リンク »)  )

【定員】100名

【お申し込み】事前登録制。お申込はエグゼクティブ・ブリーフィング参加登録フォームにご入力の上、送信下さい。
▽登録フォーム:
(リンク »)

▽本イベントの詳細はこちらでもご覧頂けます:
(リンク »)

【参加費】無料


【プログラム】
(9:00 - 9:30)開場~受付 *飲物をご用意しています

(9:30 - 9:35)ご挨拶 
ロビン・ジョフィ(フロスト&サリバン ジャパン株式会社 代表取締役、パートナー)

(9:35 - 10:05)「2018年ヘルスケア市場展望」
レニータ・ダス(フロスト&サリバン パートナー、シニアバイスプレジデント トランスフォーメーショナル・ヘルスケア)

(10:05 - 10:10)休憩

(10:10 - 10:55)「転換期にあるヘルスケア産業の課題に対処する:日米のケーススタディとデジタルが果たす役割」 ニール・ローゼンブラット(フロスト&サリバン ジャパン株式会社 シニアコンサルタント)

(10:55- 11:30)グループディスカッション・アクティビティ ※本セッションは日本語で実施します。
ファシリテーター:ニール・ローゼンブラット、レニータ・ダス


※本ブリーフィングは無料ですが、事前予約制・先着順となります。定員に届き次第締め切りますので、予めご了承下さい。また、個人的な営業目的での本イベントへのご参加はお断りしておりますので、予めご了承下さい。
※本ブリーフィングは英語で行われます。日本語通訳はございませんのでご了承ください。
※本イベントの講師およびプログラムは事情により変更となる可能性がございます。あらかじめご了承下さい。
※本ブリーフィングは無料ですが、プレゼンテーション資料の配布はございませんので、予めご了承下さい(*弊社グロースパートナーシップサービス購読のお客様を除く)

【講師プロフィール】
レニータ・ダス(フロスト&サリバン パートナー、シニアバイスプレジデント トランスフォーメーショナル・ヘルスケア)
ヘルスケア業界において25年以上の経験を有し、新たなビジネスモデル・市場機会の特定および創出や、新興市場におけるビジネス戦略分析に強みを持つ。医療機器、医療技術や製薬・診断検査、CMO(医薬品製造受託)やCRO(医薬品開発業務受託機関)などに関する知見を有する。

ニール・ローゼンブラット(フロスト&サリバン ジャパン株式会社 シニアコンサルタント)
日本に16年以上居住・勤務し、主に医療、金融、環境、情報通信などの業界にわたって戦略とマーケティングのコンサルティングプロジェクトを手がける。法政大学の非常勤教授(マーケティング)も務める。ケロッグ経営大学にてMBAを取得し、ハーバード大学にてMPAを取得。

ロビン・ジョフィ(フロスト&サリバン ジャパン代表取締役、パートナー)
27年以上のインターナショナルビジネスの経験を持ち、アジア、米国、欧州での新規市場参入戦略を強みとする。ICT、小売、ファッション、ヘルスケア、金融セクターにおけるセールス・チャネルマネジメント、ストラテジー・マップ、ビジネス戦略における知見を持つ。2009年3月に日本支社「フロスト&サリバン インターナショナル」日本代表就任。2014年1月に日本法人「フロスト&サリバン ジャパン株式会社」代表取締役就任。

*****************************************************
主催・お問い合わせ先:
フロスト&サリバン ジャパン株式会社    
〒107-6123 東京都港区赤坂5-2-20 赤坂パークビル23F    
TEL 03-4550-2210(代表)/FAX 03-4550-2205 /Email: info.japan@frost.com
(リンク »)

関連情報へのリンク »

フロスト&サリバン ジャパン株式会社の関連情報

フロスト&サリバン ジャパン株式会社

フロスト&サリバン ジャパン株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]