【品川開催】AWSの活用で検討すべきセキュリティ対策と特権ID管理の勘所

NTTテクノクロス株式会社 2018年09月13日

開催場所: 東京

開催日:  2018年12月5日

申込締切日: 2018年12月4日

標的型サイバー攻撃などの情報セキュリティ事故などを背景にセキュリティ・コンプライアンスの重要性は高まっています。また、クラウドサービスの利用が急速に進む中、「クラウドのセキュリティ対策はどうすればよいのか」、「クラウド利用時に、特権ID管理やアクセス管理はどう対策すればよいのか」など、クラウドにおけるセキュリティ対策に悩みがあり、なかなか導入ができない企業も多いのではないでしょうか。

本セミナーでは、アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社様をお招きし、AWSクラウドの最新動向や、AWS で検討すべきセキュリティ対策のポイントについてお話しいただきます。また、AWSなどクラウド環境でも活用できる特権ID管理「iDoperation」について活用例も交えて紹介します。

14:00-14:50
AWSクラウドの最新動向と最低限押さえておきたいAWSのセキュリティポイントとは
現在、多くの企業でクラウドサービスの利用が加速しています。積極的な活用が拡がる一方で、「セキュリティの不安」も多く耳にします。本セッションでは、AWSが提唱する「共有責任モデル」という考え方に基づき、クラウドサービスを利用する際に、最低限押さえておきたいセキュリティ対策のポイントをID・アクセス管理に焦点を当てて解説します。
アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社
14:50-15:00 休憩
15:00-15:40
クラウド時代に企業は特権IDをどう管理すればよいのか?
  クラウドの特権IDをセキュアに管理するためのポイントとiDoperationの活用例
特権ユーザによる内部不正や、標的型サイバー攻撃、特権ID管理関連の法令・ガイドラインへの対応として、特権ID管理のご相談を頂く機会が増えています。また、クラウド利用が拡大する中で、クラウドの特権IDをどう管理すべきか、セキュリティ確保のご相談も増えています。
本セッションでは、AWSなどのクラウド環境で推奨する特権IDの効率的な管理方法について、最新の特権ID管理ソリューション「iDoperation」を交えてご紹介します。
NTTテクノクロス株式会社
15:40-16:00 質疑応答・相談会

関連情報へのリンク »

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]