データセンター研修、DCDA [Data Center Design Awareness](データセンター設計の基礎)コース

株式会社DC ASIA 2019年01月30日

開催場所: 東京

開催日:  2019年5月27日~5月29日

申込締切日: 2019年4月26日

【講義内容】
*一部抜粋となります。講義内容詳細については、お問い合わせください。

[Day1]
Module1 - データセンタの歴史
今日の課題 / 関連する業界団体、現行の基準や規制

Module2 - ファシリティの分類
市場動向、規制やデザインへの影響、規格指標 - Uptime、TIA、BICSI

Module3 - サイト選定
隣接距離基準や推奨、水、電力、通信キャリア、ガスと空気の可用性

Module4 - 建築設計
スペースの考慮、ルームレイアウト、サポートエリア、構造仕様 - 床、天井と壁

Module5 - 床設計
床荷重、設計と建設の考察、風量設計、タイルカット加工

[Day2]
Module6 - ケーブリング設計
今日のケーブルの種類と性能、運用コスト / ケーブリングベストプラクティス、
可用性 / 将来を見据えたケーブル設計方法

Module7 - IT&ネットワークの設計
サーバ / ストレージ、通信 - アグリゲーション、エッジコアスイッチ、ルータ、可用性 / 仮想化
FcoE / 設計上の速度の影響 - 1,10,40,100,400G、将来の課題を見据えた設計方法

Module8 - 冷却システム設計
基礎と定義、設備管理者冷却方式、長所と短所、ASHRAE規格、設計上の考慮事項、
ホット、コールドアイルコンテイメント、効率化 - バイパス、再循環、静圧、熱容量、
外気活用、空気 / 水のエコ化等

Module9 - 電力システム設計
電力の基礎、電力の品質と供給、UPSのタイプと設計、電力配分、バックアップと仕組み

[Day3]
Module10 - レイアウト設計
機器の考慮事項、ITキャビネット種類、ホット、コールドアイル構成、非標準型機器の考慮事項

Module11 - 火災対策の設計
規制と格付制度、予防 – 区画とバリアデザイン、検知および警告 - 煙・熱検知
火報システム・システム設計上の考慮事項

Module12 - コミッショニングとハンドオーバー
コミッショニングのスコープ計画 / 保守計画

Module13 - ディスカッション&デモンストレーション
提示された条件を考慮しながら、データセンター設計のデモンストレーションを実施

修了試験

関連情報へのリンク »

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]