編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「データサイエンティスト」
ZDNet Summit 2021開催のご案内

テレワークで慌てて導入 VDI!・・が速度に不満、そんなときの裏ワザがコレ!

株式会社クライム

2020-08-24

開催場所: WEB

開催日:  2020-09-09

テレワーク、リモートワークによる既存仮想化サーバや仮想デスクトップVDIへの負荷増加、また急ぎ導入したVDI環境が重い、遅いなど、お困りではないですが?仮想環境ではよく問題となるリソースはストレージI/Oです。様々な種類のI/Oが混在することで、想定していた以上のI/Oリクエストがストレージに対して発生し、トラブルやユーザエクスペリエンスの低下につながってしまいます。
このような問題を簡単に解決するツールとして、Infinio Acceleratorをご紹介します。既存のRAMやフラッシュデバイスを利用しキャッシュを構成することで、大幅にvSpehre環境ストレージのレイテンシやパフォーマンスを向上できます。これによりVMware vSphere環境のアプリケーションやデータベースのパフォーマンス、VDI環境のユーザエクスペリエンス、ストレージのリプレイスコスト、ソフトウェア開発時のビルド時間などで発生する以下のお悩みを簡単解決
・既存のVMwareデータストアのパフォーマンス不足でお悩みの方
・仮想デスクトップ環境(VDI)における独特なワークロード(ピーク負荷)にお困りの方
・リプレイス時の高価なストレージコストにお悩みの方
・SQL ServerやExchange、Oracle、SAPなどのTier-1アプリケーションの要件にお困りの方
・高速化のキャッシュに必要なフラッシュデバイス(SSD)やRAMのコストでお困りの方

InfinioはVMware環境ストレージ(VSAN, VVOL, SAN, NAS, DAS, ハイパーコンバージドインフラHCI、オールフラッシュなど)をvSphereホスト上のサーバサイドのリソースを活用し簡単に高速化できます。

株式会社クライムの関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]