編集部からのお知らせ
新着の記事まとめ「Emotet」動向

データベース/DWHのクラウド化促進セミナー、Syniti DR(旧DBMoto)でこんな簡単に!?

株式会社クライム

2021-12-24

開催場所: WEB

開催日:  2022-01-25

昨今、各社クラウドサービスが提供するDB、DWHを利用するニーズが高まる中、
オンプレミスDBからクラウドへの移行や連携方法にお悩みではありませんか?

移行・連携の際には、

・オンプレミスDBは止めたくない
・オンプレミスDBの負荷を抑えて連携したい
・異種DB、文字コードのDBから連携したい
・コーディングや複雑な操作なく連携したい

など、様々なご要望をいただきます。

本セミナーでご紹介する「Syniti Data Replication (旧DBMoto)」は、プラットフォーム(物理/仮想/クラウド)やOSを意識することなく、異なるDB間の場合でも、簡単にデータのレプリケーションが行えるソフトウェアです。

対応DBの幅も広く、AS/400(IBM i)やz/OS(メインフレーム)のDB2をはじめ、
DB2 LUW, Oracle, SQL Server, MySQL, PostgreSQLなどの主要なRDBMSだけでなく、
以下のようなクラウドDB、DWHもサポートしています。

・Amazon Aurora / RDS / Redshift / DocumentDB / S3
・Azure SQL Server / SQL Database / Database for MySQL / Synapse Analytics / Data Lake Storage
・Google Cloud SQL MySQL / PostgreSQL / BigQuery
・IBM Db2 Warehouse on Cloud
・Oracle Autonomous Database / Data Warehouse / Oracle Cloud MySQL Instance
・Snowflake
・クラウド上インスタンスにインストールされたDB

本セミナーでは、これらのクラウドDB、DWHへの移行、連携時に便利な機能を中心に、
Syniti Data Replication(旧DBMoto)を使用して簡単にレプリケーションができることをご紹介します。

株式会社クライムの関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]