ランサムウェア攻撃の⾼度化とEDR(ランサムウェア対策ウェビナー)

アクロニス・ジャパン株式会社

2024-04-08

開催場所: WEB

開催日:  2024-05-25

ランサムウェア攻撃の⾼度化とEDR 〜サイバー脅威の最新トレンドとその対策〜
従来のエンドポイント対策の限界
ランサムウェア攻撃から組織を守るにはエンドポイントの防御が不可⽋ですが、従来のアンチウイルスやファイアウォールだけでは⾼度な攻撃の検知と防御は難しくなっています。未知の脆弱性を突く攻撃やソーシャルエンジニアリングなどを駆使したファイルレス型のマルウェアなど、攻撃の⼿⼝は高度かつ多様に。万一の侵害された場合も想定する早期検知と迅速な封じ込め修復が求められます。

高価かつ専門性の高いEDRは扱える企業が限られる
こうした課題に対応するEDR(Endpoint Detection and Response)は、AIを活⽤してエンドポイントの脅威を検知・分析し、⾃動対処することで、未知の攻撃への防御⼒を⾼めます。しかし従来のEDRは、⾼価で運⽤の複雑さから導⼊が困難であることも少なくありません。

組織の規模を問わず導入可能なサイバープロテクション
Acronis Cyber ProtectのEDRは、容易な導⼊と効率的な運⽤管理を実現し、バックアップとの統合によって事業継続性も確保する、あらゆる規模の組織に最適なEDRソリューションです。本セミナーでは、ランサムウェア攻撃の最新動向やEDR導⼊のポイントを解説します。

参加対象
ランサムウェア対策をご検討のエンドユーザー企業・法人のお客様
販売店(リセラー)、システムインテグレーター、マネージドサービスプロバイダー等の皆様

アクロニス・ジャパン株式会社の関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ZDNET Japan クイックポール

マイナンバーカードの利用状況を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]