編集部からのお知らせ
CNET_ID限定PDF「システム監視の新ワード」
注目の記事まとめ「Emotet」動向

Dell EMCの“日本代表”チームが推進するBDaaS(BigData as a Service)ソリューション

 BlueData EPICは、Dell EMCがグローバルで販売しているソフトウェアで、そのプラットフォーム上でDockerコンテナの技術を活用しHadoopやSparkなどのビッグデータ活用で必要となる収集、蓄積、処理、分析ソフトウェア類も実行させることができる。クラウドライクな管理コンソールが用意され、インフラ管理者がストレージおよびコンピューティングの全リソース、各テナントへのリソース上限などを一元的に管理できる。エンドユーザー側にはセルフサービス用の画面が用意され、指定された範囲内で自由に分析環境を作ることが可能だ。分析ツールを提供するアプリストアも組み込まれているため、インストールや設定の手間も省け、即座に利用することができる。もちろんデータは、ストレージ層に全て集約されており、データレイクとして各テナントが共有することが可能だ。これにより、ビッグデータ基盤の運用にまつわる課題が大幅に軽減される。

 EMCジャパン アイシロン事業本部 SE部 システム エンジニアの相良貴史氏は、EPICを「ビッグデータ分析のコンビニのような存在」と評価する。


EMCジャパン
アイシロン事業本部
SE部
システム エンジニア
相良貴史氏

 「これまでEMCではIsilonの一つの特徴としてHDFS対応を掲げ、Hadoopを併用している、あるいは将来的に併用することを検討しているユーザーに提案してきました。とはいえ、ユーザーが複数メーカーの製品を組み合わせて構築するとなると検証などの負担があります。それがDell EMCとなったことで、基盤のハードウェアコンポーネント全てを一括して提供できるようになり、安心してお使いいただけるようになりました。さらにBDaaSの手法を加えることで、ユーザーは構築やメンテナンスに手間をかけることなく、ほとんどアナリティクスを学ぶだけでビッグデータ分析を活用できるようになるのです。そのアナリティクスについても我々のチームがコンサルティングを支援できます」(相良氏)

 ちなみに、Dell EMCカスタマーソリューションセンターではこのBDaaSによる実環境を用意しており、ビッグデータ分析デモ、開発、検証環境の提供が非常に迅速かつ簡単になったという副産物もあった。ユーザー環境においても、様々な試行錯誤が容易に行えることが分かるだろう。

 「そうした試行錯誤の場を用意することも、ビッグデータ活用を成功させる上で一つのポイントです。日本でのビッグデータ活用事例もいくつかありますが、注目すべきはその活用の中身で、ユーザー企業それぞれがトライ&エラーを経て自社の固有の活用スタイルを培っており、それが現場力につながっています。逆にいうと、まずは自社内に試行錯誤できる環境を持つ必要があり、BDaaSはその環境を作りやすくするのに役立ちます」(堀田氏)

統制を効かせつつクラウドライクな使い勝手を提供する

 ビッグデータ分析を手軽に始めるなら、パブリッククラウドを使うという選択肢も考えられる。たしかにパブリッククラウドはスモールスタートに適しており、運用にも負担がかからず、拡張も容易だ。


デル
インフラストラクチャ・ソリューションズ事業統括
ソリューション本部 プリンシパルエンジニア
菅谷篤志氏

 しかし、パブリッククラウドはIT部門の統制が行き届きにくく、データガバナンスやコストの面で思わぬリスクを背負う可能性もある。また、パブリッククラウド事業者が独自に提供するビッグデータのツール・機能にシステムを委ねてしまうとそのクラウド環境から移行する際には代替手段を選定するのが非常に困難になってしまう。また、セキュリティポリシー上の都合から外に出したくない/出せないデータもあるだろうし、そうでなくてもクラウドに依存し使いすぎれば予算を費やしてしまうのだ。ビッグデータ活用を長く続けるとすれば、どんどんコストが増え続ける可能性は高い。

 BDaaSなら、コストの上限はインフラチームが設定した範囲を超えることもないし、基盤そのものを自社で構築・運用している限りは外部にデータを出して分析するといったリスクを軽減できる。しかも、基盤全体の拡張も容易だ。

 「セットアップや提供、復旧などを迅速に行えるだけでなく、小さなシステム基盤で始めて後から拡張することも簡単にできます。サーバの種類が混在しても問題なく、その時のインテル® Xeon® スケーラブル・プロセッサー搭載の最新サーバを取り入れ、その性能を生かすことが可能です。また、ディストリビューションやバージョンの違うソフトウェアを並行して使えるので、今までのソフトウェアを使いつつ新バージョンのソフトをテストするなどといった使い方もできます」と、デル インフラストラクチャ・ソリューションズ事業統括 ソリューション本部 プリンシパルエンジニアの菅谷篤志氏は説明する。


EMCジャパン
コンサルティング本部
デジタル トランスフォーメーション コンサルティング部
部長
内田信也氏

 パブリッククラウドと違って統制しやすく、それでいてクラウドライクな運用性や使い勝手を実現するBDaaSのソリューションは、エンドユーザーに対しオープンに提供することも容易だ。EMCジャパン コンサルティング本部 デジタル トランスフォーメーション コンサルティング部 部長の内田信也氏は、スピードアップのためにもエンドユーザーが触りやすい環境を求めていたと語る。

 「データ活用の取り組みは、多くがビジネス部門のアイデアからスタートしていますが、これまでの環境ではエンドユーザーが直接ビッグデータ基盤を扱うことは困難でした。我々のデータ活用支援コンサルティングも含めたDell EMCが日本初で提供するBDaaSソリューションなら、エンドユーザーがビッグデータを実際に学びながら使っていけるようになり、ビジネスのスピードアップにつながるでしょう」


EMCジャパン
アイシロン事業本部
事業推進部
シニア 市場開発担当マネージャー
吉武茂氏

 また、EMCジャパン アイシロン事業本部 事業推進部 シニア 市場開発担当マネージャーの吉武茂氏は、現場がビッグデータを活用するようになれば、スピードアップだけでなく企業全体の風通しも良くなると指摘する。

 「元気な企業をみると、上と下の双方がデータに基づいてやり取りしていることが多いのです。現場でもしっかりしたデータに基づく判断ができるようになれば、経営層の視点に近付くことができ、対等に近い対話が可能になり、ひいては組織の健全化にもつながります」

 Dell EMCが提供するBDaaSとコンサルティングサービスが日本企業にとってBigdata分析をより身近な存在にしてくれることを期待したい。

製品に関するお問い合わせはこちら>>電話番号:0120-800-498

最新のインテル® Xeon® プロセッサー・スケーラブル・ファミリーは、新しいエンタープライズ・アプリケーション、科学技術計算、通信、ストレージ、クラウド、ビッグデータ分析など、さまざまな用途に、性能、電力効率、仮想化、セキュリティーの面で大きなメリットを提供し、IT 部門の課題解決を支援します。Intel、インテル、Intel ロゴ、Xeon、Xeon Inside は、アメリカ合衆国および / またはその他の国における Intel Corporation またはその子会社の商標です。
提供:デル株式会社
[PR]企画・制作 朝日インタラクティブ株式会社 営業部  掲載内容有効期限:2017年9月30日
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]