編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

UTMトップベンダーのフォーティネットが、エンタープライズ領域でも注目されている理由

ZDNet Japan Ad Special

2020-11-04 17:00

[PR]UTM(Unified Threat Management:統合脅威管理)のトップベンダーであるフォーティネット。UTM/次世代ファイアウォール(NGFW)を軸に、幅広い製品群を揃えた総合的なネットワークセキュリティベンダーへと進化している。

 UTM(Unified Threat Management:統合脅威管理)のトップベンダーであるフォーティネット。その実績の大きさから、中堅中小企業向けに、コストパフォーマンスが高いアプライアンス製品を販売しているというイメージが強いが、その認識はもはや過去のものと言っていい。同社は、UTM/次世代ファイアウォール(NGFW)を軸に、幅広い製品群を揃えた総合的なネットワークセキュリティベンダーへと進化している。

脅威対策を網羅した多角的な製品群を提供

 フォーティネットのフラッグシップ製品である「FortiGate(フォーティゲート)」シリーズは、長きにわたって世界でトップシェアを獲得している製品であり、特に日本では運用の容易さが受けてSMB市場を中心に爆発的にヒットしている。ただそれは同社の強みではあるが、あくまで一部に過ぎない。実際はファイアウォールやUTMだけでなく、最新のIT環境への脅威対策を網羅した多角的な製品群を展開している。

 フォーティネットの現状について、改めてみておこう。市場シェアでは、すべてのファイアウォール/UTMアプライアンスの出荷数で約30%のシェアを誇っている。また、特許数は680件以上で、これは最も近い競合他社の3倍以上の数字となっている。ソリューションポートフォリオは30種類以上がラインアップされ、社内環境だけでなく、IoTからクラウドまでを保護する。顧客数はグローバルで46万5千社以上となっており、数字面からも世界トップクラスのサイバーセキュリティ企業となっている。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]