企画広告

UTMトップベンダーのフォーティネットが、エンタープライズ領域でも注目されている理由

ZDNET Japan Ad Special

2020-11-04 17:00

 UTM(Unified Threat Management:統合脅威管理)のトップベンダーであるフォーティネット。その実績の大きさから、中堅中小企業向けに、コストパフォーマンスが高いアプライアンス製品を販売しているというイメージが強いが、その認識はもはや過去のものと言っていい。同社は、UTM/次世代ファイアウォール(NGFW)を軸に、幅広い製品群を揃えた総合的なネットワークセキュリティベンダーへと進化している。

脅威対策を網羅した多角的な製品群を提供

 フォーティネットのフラッグシップ製品である「FortiGate(フォーティゲート)」シリーズは、長きにわたって世界でトップシェアを獲得している製品であり、特に日本では運用の容易さが受けてSMB市場を中心に爆発的にヒットしている。ただそれは同社の強みではあるが、あくまで一部に過ぎない。実際はファイアウォールやUTMだけでなく、最新のIT環境への脅威対策を網羅した多角的な製品群を展開している。

 フォーティネットの現状について、改めてみておこう。市場シェアでは、すべてのファイアウォール/UTMアプライアンスの出荷数で約30%のシェアを誇っている。また、特許数は680件以上で、これは最も近い競合他社の3倍以上の数字となっている。ソリューションポートフォリオは30種類以上がラインアップされ、社内環境だけでなく、IoTからクラウドまでを保護する。顧客数はグローバルで46万5千社以上となっており、数字面からも世界トップクラスのサイバーセキュリティ企業となっている。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]