編集部からのお知らせ
新着の記事まとめPDF「NTT」
おすすめ記事まとめ「MLOps」

(第2回)複数サイトで保管される社内データの管理が大変・・・ そんなときは、クラウドを使おう!

クラウド をスモールスタートするには?

 これまでご説明したように、Cloud on-Ramp を使えば、社内でクラウドを簡単に構築することができます。しかし、自社のデータセンターにHCPを導入し運用することがコスト的にも人手の面でも難しいと考える方もいるかも知れません。そのようなお客様でも、各拠点にVFPを導入すればCloud on-Rampを実現できるサービスがあります。

 日立ではお客様の各サイトに設置されたVFPから、日立のクラウドサービスを提供するデータセンター「Harmonious Cloudセンター」に設置されたHCPへデータを自動的にバックアップ/アーカイブする、クラウドストレージサービスを提供しています。データセンターの運用はもちろん、データ集約に伴う様々な作業(各サイトからセンターへのファイルコピーや運用ポリシーの設定等)を、必要な容量に応じて月額費用だけで利用できるサービスです。各サイトとHarmonious Cloudセンター間の通信はインターネット(https)で可能なため、高額な専用線やVPNも不要です。

日立のデータセンターを使えば、クラウド化をスモールス
タートできる

 Harmonious Cloudセンターは堅牢性、高セキュリティ、安定した電力供給能力を維持しているため、安心して利用できます。このようなサービスによって、システム担当者はデータセンターの管理からも解放され、少ないコストでクラウドを構築できるのです。

 仮想化技術をベースにしたクラウドサービスの機能は日々進化しています。その進化に合わせてあなたの会社のデータ管理も新しいステージに進めてみませんか。

アンケート
提供:株式会社 日立製作所 RAIDシステム事業部
[PR]企画・制作 朝日インタラクティブ株式会社 営業部 
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]