編集部からのお知らせ
記事PDF集:官民意識のゼロトラスト
電子インボイスの記事まとめ

4つのシナリオでどんな移行でも完全支援――日本ビジネスシステムズ

Windows Server 2003がリリースされた当時、自社のシステムをクラウド環境へ移行する企業は少数だった。しかし近年、クラウド環境を支える技術基盤は、数段に向上している。急速に変化するビジネスにおいて、短期間かつ低コストでIT基盤を構築できるクラウドコンピューティングは、重要性を増している。

Windows Server 2003のサポート終了はIT基盤を見直す契機

日本ビジネスシステムズでインフラストラクチャー&システムソリューション本部 副本部長兼システムインテグレーション1部 部長を務める笠原哲郎氏
日本ビジネスシステムズでインフラストラクチャー&システムソリューション本部 副本部長兼システムインテグレーション1部 部長を務める笠原哲郎氏

 次世代IT基盤として、重要性を増しているクラウドではあるが、「せっかくクラウドを導入したが、想定よりも運用管理の手間かかる」との声はよく聞かれる。自社の業務に最適なクラウド環境を構築するためには、既存システムとの連携、運用の効率化、セキュリティの確保など、さまざまな課題をクリアしなければならない。こうした課題を解決するには、実績のあるシステムインテグレーターのサービスを活用するのが得策だろう。

 日本ビジネスシステムズ(以下、JBS)は、マイクロソフト製品を中心とした、情報系インフラの構築、アプリケーション開発、システム保守・運用までを包括的に提供する独立系システムインテグレーターである。同社でインフラストラクチャー&システムソリューション本部 副本部長兼システムインテグレーション1部 部長を務める笠原哲郎氏は、「(今回の移行が)単にOSのアップグレードという位置づけでは、企業にとってのビジネスメリットは少ないです。Windows Server 2003のサポートの終了は、自社のシステム運用を見直し、運用の負荷軽減と、業務効率を向上させる"契機"だと考えていただきたい。特に、新しいクラウド環境に切り替えるチャンスです」と語る。

 JBSではWindows Server 200サーバ移行ソリューションとして、「クラウドへの移行」「クラウド+オンプレミスへの移行」「オンプレミスへの移行」「Windows Server 2003 の延命」の、4つのシナリオを用意し、顧客の環境にあった最適な移行を支援している。サポート終了まで1年を切った。すでに移行プロジェクトを進めている企業も、サポート終了期限までにすべての移行が難しい企業も、ぜひ参考にしてほしい。

パターン1:すべての環境をクラウドへ――IaaS、PaaS、SaaSへの移行

 クラウド基盤のメリットは、短期間かつ低コストでIT基盤を構築できるだけなく、IT基盤の管理をクラウド・サービス・プロバイダーに任せられる点である。専任のIT管理部門がない中堅小規模企業にとっては、有力な選択肢だろう。

 クラウド・サービスは、IaaS(Infrastructure as a Service)、PaaS(Platform as a Service)SaaS(Software as a Service)の3つに大別される。

 IaaSは、 CPU、メモリ、ネットワークといったハードウェアリソースを包括的に提供する。一方PaaSは、IaaSに加え、OSやミドルウェア、管理ツールも包含したサービスだ。両者の代表的なサービスとして、「Microsoft Azure」「Amazon Web Services」が挙げられる。またSaaSは、特定の業務に特化したアプリケーションを、ブラウザ経由で利用できるサービスである。「Office 365」「Dynamics CRM」などが挙げられる。なおJBSでは、Office 365導入支援サービスや、Dynamics CRMに関する導入/運用支援サービス、Microsoft Azureソリューションなどを提供している。

パターン1/すべてのIT基盤を「Microsoft Azure」「Office 365」「Dynamics CRM」などに移行する。大幅なコスト低減を実現したい企業は、一考の価値があるだろう。
パターン1/すべてのIT基盤を「Microsoft Azure」「Office 365」「Dynamics CRM」などに移行する。大幅なコスト低減を実現したい企業は、一考の価値があるだろう。

パターン2:“いいとこ取り”のハイブリッド環境へ

インフォメーション
Collaboration and Content
コンピテンシー アワード

マイクロソフトパートナーオブザイヤー2014 Collaboration and Content コンピテンシー アワード受賞

Collaboration and Content コンピテンシー アワードとは、顧客の従業員の生産性向上に寄与する、優れたコラボレーション ソリューションを提供するパートナー企業へ贈られる賞になります。

Management and Virtualization
コンピテンシー アワード

マイクロソフトパートナーオブザイヤー2014 Management and Virtualization コンピテンシー アワード受賞

Management and Virtualization コンピテンシー アワードとは、顧客の経費削減、可用性の向上、組織の IT インフラストラクチャの機敏な対応を改善するようなデスクトップやサーバーのシステム管理および仮想化ソリューションを提供したパートナー企業に贈られる賞になります。

関連リンク
提供:日本ビジネスシステムズ株式会社
[PR]企画・制作 朝日インタラクティブ株式会社 営業部  掲載内容有効期限:2015年7月15日
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]