編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性

クラウドで創造する新たな事業価値--自ら実証のNEC

NECは、自らの経営システム改革においてグループ12万人を支える大規模基幹システムを、クラウドを活用して全面刷新した。クラウドの有用性を自ら証明するとともに、NECは刷新によって得たノウハウを多彩なサービスメニューとして提供。お客さまのイノベーションパートナーとしてクラウドを活かした新たな事業価値を、ともに創造していく。発展するNECのクラウド事業への取り組みを、執行役員常務 富山 卓二に聞いた。

自らの基幹システム刷新を通じて、クラウド適用の豊富なノウハウを獲得

─本格稼働がスタートした基幹システム刷新の目的と成果は?

富山 NECの「経営システム改革」は、経営の見える化やスピードアップを図り、グローバルなイノベーションカンパニーの実現を目的としたものです。その改革は「事業構造改革」、「業務プロセス改革」、「ITシステム改革」の3つのアプローチから、「シンプル」、「グローバル」、「リアルタイム」、「全体最適」という4つのキーワードによって推進しました。まず事業構造改革では、お客さまへの接点をシンプル化するために営業やサービス、製品部門を統合。海外は5つの地域統括会社が各エリアを統括する形とし、本社とのマネジメントラインのシンプル化を図りました。続いて行なったのが、組織やグループ各社毎に個別に最適化を進めてきた業務プロセスの徹底的な標準化です。ITシステム改革では、これまでグループ会社毎に保有・運用を行なっていた経理/販売/購買のシステムをSAPで再構築し、NEC本社のメインデータセンターにクラウドシステムとして統合・集中化を図っています。グループ社員約12万人を支える新しい基幹システムは2010年10月から本番稼働を開始し、2011年10月には海外拠点を含むNECグループ全体へのシステム展開を完了する予定です。

 これにより、関連する間接部門の費用およびITの総所有コスト(TCO)を20%以上削減、内部統制の強化、国際会計基準(IFRS)対応への基礎づくり、グローバルな連結経営管理のスピードアップなどを実現し、NECグループとして一体となった経営を行なっていきます。

―自らのクラウド活用をもとにしたお客さまへの提供価値とは?

富山 お客さまに大きな安心感を提供することです。クラウドを活用した基幹システム構築の豊富なノウハウ、実行した数々の方法論や創意工夫。NECが得た経験は、お客さまにとって最適なIT環境の構築、あるいはグローバルな事業を展開していく上で必要な業務プロセスの標準化など、役立てていただけることが数多くあります。

 このような実践経験をコンサルティングサービス、アプリケーションサービス、プラットフォームサービスにも反映し、「クラウド指向サービスプラットフォームソリューション」としてお客さまに提供しています。アプリケーションサービスでは、公共、医療、金融業向けなどの業種別サービス、フロントオフィス業務や新技術を活用した業種共通サービス、中堅・中小企業向けのサービスなど、100種類以上のメニューをラインアップしています。クラウド基盤もモデル化し、クラウドプラットフォー ムサービス「RIACUBE-V」として新たに開発。今後NECが推進するクラウド指向データセンター(CODC)へ順次展開していくことで、コンピュータリソースを自動で切り出し、短期間で高信頼なプライベートクラウドサービス(IaaS、PaaS)を提供することが可能となります。

 NECはこれからも、企業やキャリアなどの大規模基幹システム構築で培った信頼のOMCS(オープンミッションクリティカルシステム)技術、高度なSI力、そして自らの経営システム改革で得た経験を融合しながら、お客さまに最適なクラウド活用を提案、提供させていただきます。

主なお客さま事例
お客様事例の詳細はWebサイトでご紹介しています。

─NECの刷新成果に対するお客さまからの評価は?

富山 お客さまのお話を伺っていく中で、グローバル製造業の一企業としてNECが経営システム改革で解決に取り組んだ課題と同じ悩みを、お客さまも共通してお持ちだということを、改めて実感しました。NECグループが業務プロセス改革と経理/販売/購買システムの立ち上げを約2年半という短期間で成し遂げ、クラウド基盤上でシステムの安定稼働を実現したことは、高い評価につながっていると自負しています。

 特に、国際会計基準(IFRS)を見据え、グローバル標準プロセスにもとづいてつくり上げたSAPシステムのクラウドサービス「クラウド指向経理サービス」は、グローバル展開が著しい製造業のお客さまを中心に商談が活発になっています。海外に拠点を展開されているお客さまが拠点ごとにITシステムを導入するのではなく、予め集約・統合されたシステムをサービス利用できることが評価され、大手自動車部品メーカ様などに採用をいただいております。

 製造業のほかにも、ホテル業向けの基幹業務サービス「ホテル総合クラウドサービス」、自治体向けの基幹業務サービス「GPRIME for SaaS」など、幅広い業種でNECのクラウドサービスが導入され、複数拠点においてアプリケーションサービスを短期間に低コストで活用できるメリットなどが成果を発揮しています。

次ページ:お客様とともに創る事業価値の3つの方向性

インフォメーション

700社、2,000名のお客さまがNECのクラウドサービスを実感!!
あなたも、ぜひNECクラウドプラザへ

お問い合わせ

NEC ITサービス企画本部
E-mail:red@bbs.jp.nec.com

これまでの「ザ・プロに聞く」シリーズや各種事例詳細は、下記のサイトからご覧いただけます。
http://www.nec.co.jp/solution/cloud/

提供:日本電気株式会社
[PR]企画・制作 朝日インタラクティブ株式会社 営業部 
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]