レポート:トヨタ自動車の細川氏、電通国際情報サービスの福山氏が登壇。IoTプラットフォーム市場で存在感を発揮するPTCのイベントをレポート!

2017年12月12日、「PTC Forum Japan 2017」が東京で開催され、「フィジカルとデジタル融合の追求 - PHYSICAL DIGITAL CONVERGENCE」をテーマに、多数のセッションと展示が行われた。米PTCのエグゼクティブ・バイス・プレジデントであるキャスリン・ミットフォード氏とマイク・キャンベル氏、トヨタ自動車の細川 昌宏氏、電通国際情報サービスの福山 章弘氏が登壇した基調講演の模様をレポートする。

「インダストリアルイノベーション」を起こすための
プラットフォーム

 1985年に創業し、CADやPLM、ALMなどのエンジニアリング向けITで高い評価を受けてきたPTC。近年では、IoTプラットフォームやARの分野でも魅力的な製品やサービスを展開し、企業のものづくりを包括的に支えるプラットフォーム企業としての存在感を増している。

桑原宏昭氏
PTCアジア太平洋地域統括責任者
桑原 宏昭氏

 基調講演は、そんな同社の事業戦略や製品戦略、事例を紹介しながらこれからの企業がいかにフィジカルとデジタルを融合し、新しい価値を創出していくことができるかを示すものとなった。

 開幕にあたり、PTCアジア太平洋地域統括責任者の桑原宏昭氏が登壇。PTCジャパンのハイライトとして、日本のIoTプラットフォーム市場シェアでトップに立ったこと(富士キメラ総研調べ)、IoTとARの新規顧客数が2016年度から2017年度で2倍に増加したこと、移行を進めているサブスクリプションビジネスが全体78%に達したことを紹介した。

 続いて、製品・マーケット戦略統括エグゼクティブ・バイス・プレジデントのキャスリン・ミットフォード氏が登壇。フィジカル世界とデジタル世界がどのように融合するかを同社の製品分野や製品ポートフォリオに沿って解説した。

 CADやPLM、デジタルツイン、Webサービスなどは、デジタル世界を代表するものだ。これまでは、フィジカル世界と直接交わることなくデジタル世界に閉じることがほとんどだった。ただ、3Dプリンティングやスマートマニュファクチャリング、IoTとアナリティクス、AR/VRなどはそうではない。フィジカル世界に関わり、特に、AR/VRはフィジカル世界のなかにデジタル世界を描き出す。

キャスリン・ミットフォード氏
製品・マーケット戦略統括エグゼクティブ・バイス・プレジデント
キャスリン・ミットフォード氏

 こうした融合(CONVERGENCE)は、設計、販売とマーケティング、製造、サービスといったものづくりのあらゆる局面で起こっている。例えば、3D設計データを使ってAR/VRでメンテナンスのトレーニングを行ったり、店舗でAR/VRを使って商品に触れて体験を高めたりできる。

 実際にミットフォード氏は、ボッシュ・レックスロスの油圧制御機器「CytroPac」の実物を壇上に上げ、ARアプリを使って、CytroPacのメンテナンスのトレーニングを行う様子をデモしてみせた。

 そのうえで「PTCでは、PLMをIoTとイコールだと捉えています。それを戦略の中心に置き、『ThingWorx』などの製品で企業の変革の波を大きくしようとしています。みなさんと一緒に、インダストリアルイノベーションプラットフォームを作るという夢に向かって取り組んでいきます」と訴えた。

 続いて登壇したThingWorx プラットフォーム エグゼクティブ・バイス・プレジデントのマイク・キャンベル氏は、ThingWorxをはじめとするPTCの製品ポートフォリオを紹介しながら、IoT分野でどのような価値を提供できるかを解説した。

マイク・キャンベル氏
プラットフォーム エグゼクティブ・バイス・プレジデント
マイク・キャンベル氏

 ファクトリーIoTでは、データの収集から、脈絡化、合成、統合、活用というフェーズでデータを活用していくという。ThingWorxは、こうしたフェーズに適した製品として、調達を行うThingWorx Navigate、設備情報を一元管理するThingWorx Production Advisor、物理世界で収集したデータをリアルタイムにデジタルデータに反映するCreo Product Insightなどを展開し、IoTでの変革を支えていく。

 また、ARアプリやMicrosoft HoloLensを使って、オペレータに組み立てや作業の指示や、サービスマニュアルの提供、バーチャル製品のデモなどを行うこともできる。実際にARアプリを使ってバイクのメンテナンスを行う様子をデモした。

 最後にキャンベル氏は「ものの作り方やメンテナンス、提供の仕方を大きく変えることができます。製品やサービスは素早く簡単に使うことができます。PTCには、2万4000名以上の登録開発者がおり、400社以上のThingWorxパートナー企業がいます。インダストリアルイノベーションに向けた最適なプラットフォームです」とアピールした。

インフォメーション
提供:PTCジャパン株式会社
[PR]企画・制作 朝日インタラクティブ株式会社 営業部  掲載内容有効期限:2018年4月30日
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]