編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

Linuxサーバー向けイメージ・バックアップソフトウェア「Acronis True Image 9.1 Server for Linux」

株式会社ラネクシー 

2007-08-31

Linuxサーバのディスクやパーティションを稼動したまま丸ごとバックアップする、イメージ・バックアップソフトウェアです。障害時には、CDブートによりディスクを丸ごと一度に復旧することがでます。

製品概要

Acronis True Image 9.1 Server for Linuxは、稼動中のサーバを丸ごとバックアップできる、Linuxサーバ向けのバックアップ&リカバリ・ソフトウェアです。独自のテクノロジーにより、OS、アプリケーション、各種設定を含む完全なバックアップイメージを作成できます。システム障害が発生した場合でも、CDブートによりディスクイメージをリストアし、一度に復旧することができるので、再セットアップのために多くの手順や時間を消費する必要が無く、ダウンタイムを劇的に削減し、業務上の損失を最小限に抑えることができます。

新たに直感的な操作が可能なX Window System GUIモードからのバックアップタスクのスケジューリング機能を搭載しました。これにより簡単に作業を行うことができ、Linux OS本来のコンソールモードなど複数の動作モードとあわせて、状況やユーザーレベルに合わせて使い分けることが可能です。さらに、従来のシステムのイメージバックアップに、新機能のファイルバックアップが加わり、2種類のバックアップ機能を搭載しましたので、目的に応じた保護を実現します。

特徴

■主な機能
・特定の時間やイベントに対するバックアップタスクのスケジュール作成が可能。
・Red Hat Enterprise Linux ES、AS Ver.4(Intel64、AMD64)の64ビットに対応。(Acronis True Image 9.1 Server for Linuxは32ビットとして動作)
・イメージ作成の前後にコマンドを実行可能。
・システムのホットイメージングにより、システムを停止することなくバックアップ。
・完全バックアップ、増分バックアップ、差分バックアップの3種類のバックアップ作成が可能。
・アーカイブが損傷していないか、バックアップアーカイブ整合性の確認が可能。
・バックアップ実行を確認する場合などに、電子メールまたはポップアップによる通知要求が可能。
・タスク実行の結果に関するログ情報を表示。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]