編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

DICOM医用画像処理ソフトウェア開発ツール「DICOMGEAR」

株式会社ラネクシー 

2007-09-21

DICOM医用画像処理ソフトウェア開発にの画像処理エンジン

製品概要

DICOMGEAR医用画像処理ソフトウェア開発キットは、数十以上の業界仕様に準拠したDICOM画像専用APIおよび数百以上の汎用画像処理APIによって、DICOM画像の表示、変換処理およびデータセットに関する必要な編集操作、TWAINスキャナー読取りのサポートなどの機能を豊富に用意しています。

DICOM画像以外の50以上の画像フォーマットにも対応しています。DICOM医用画像通信ネットワークを開発するには、MEDICOMMをご利用ください。

●Version15の新機能
ART3.0マークをサポートするARTXコンポーネントを追加
CAD/VectorコンポーネントにSVG(Scalable Vector Graphics)フォーマットのサポートを追加
Vectorコンポーネントに3D等値面作成などの新たなAPIを追加
RAW画像ファイルのサポートを拡張
対応OSとしてWindows Vistaをサポート
JPEG2000コンポーネントにJPIPクライアント及びJPIPサーバAPIを追加
Recognitionコンポーネントを利用して認識結果からPDFファイルを作成する機能を追加
DICOMラスタ画像に加えベクタ画像のサポートを追加

特徴

電子カルテシステムで使用する画像処理機能を提供するエンジン。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]