編集部からのお知らせ
記事まとめPDF「日本のスタートアップ」
お勧め記事まとめPDF「マイクロサービス」

Remote Access Auditor

エンカレッジ・テクノロジ株式会社 

2008-02-21

遠隔地からの操作内容を克明に且つ連続的に記録します。 監視対象個々の操作端末へのインストールは一切不要!Remote Access Auditorをアクセスポイントに設置することで、経由接続された端末の操作内容をすべて記録し、動画再生します。

製品概要

【操作内容の克明な記録】
リモートアクセスの開始を自動検知し、以下の内容をアクセス終了まで克明に記録します。
・画面(動画)
・画面表示文字
・キーボード操作
・通信ポートの状態
・プロセスの状態
・ユーザ名
・時刻
・マウスの軌跡
・ファイルアクセス
・USBポートの状態
・ドライブの状態

【再生機能】
GUIを含む操作記録内容を、あたかも今、操作しているかのようにリアルに再生することができます。断片的なログからは、得ることができない操作者の意図を確認することができます。

【同時接続】(Remote Access Auditor for Multi Session)
Remote Access Auditor for Multi Sesseion は、複数担当者の同時接続に対応しています。複数担当者が同時にメンテナンス操作を実行しても、担当者ごとに操作内容を記録します。

【操作端末にソフトウェアのインストール不要】
Remote Access Auditorをリモート・メンテナンスのアクセスポイントに設置し、リモート・メンテナンス対象サーバへのソフトウェアの追加やログ取得のための設定も一切不要です。

【監査機能】
Remote Access Auditorは、監査に必要な「だれが」「いつ」「何に対して」「何を行ったか」を連続的に記録します。管理者は、この操作記録から疑わしい行為を検索し、内容を検査することでシステム管理業務でのIT全般統制を実行します。

【監査レポート】(Remote Access Auditor for Multi Session)
監査ルールに基づき、操作記録の自動検査を定期的に行うことができます。検査結果は、監査レポート・操作証跡レポートとして自動的に生成されます。

株式会社エンカレッジ・テクノロジ株式会社の他の製品

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]