編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

AS/400, DB2, Oracle, SQL Server, MySQLなどのデータベースに対応したリアルタイム・レプリケーションツール【DBMoto】

株式会社クライム 

2012-12-14

DBMotoは異種データベース間での双方向のレプリケーションに対応しています。 DBのバックアップ・移行・負荷分散・他システムでのデータ活用・災害対策等でご活用いただけます。

製品概要

DBMoto(デービーモト)はデータベースレプリケーションソフトウェアです。
データベースレプリケーションとは、ソースDB(複製元)からターゲットDB(複製先)へデータを複製することです。

レプリケーションモードは下記の3つを用意しております。

・全レコードの転送を行う「リフレッシュ」
・リアルタイムでソースからターゲットへ差分データのみ転送を行う「ミラーリング」
・リアルタイムでソースとターゲット間で双方向に差分テータのみ転送を行う「シンクロナイゼーション」

DBMotoは下記の用途でご使用いただけます。

・自動化したリアルタイムなバックアップ
・システムの停止時間を最小限に抑えた移行
・他システムでのデータ活用
・手軽な負荷分散
・複数サーバ間でのデータの同期
・ディザスタリカバリ構成による災害対策・BCP

特徴

【基本的な機能】
・リアルタイムなレプリケーション
・.NETドライバーを使用した高速レプリケーション
・Windows上で設定から運用までを一元管理
・トランザクションログやトリガーを使用した差分レプリケーション
・インストール・設定・運用が非常に簡単

【便利な機能】
・フィールド単位でのマッピング
・ターゲットテーブルの新規作成
・ログ管理ツール、トレース機能
・設定情報のバックアップとリストア
・VB.NET関数、ユーザ関数による変換レプリケーション
・スクリプトによる複雑なレプリケーション
・疑似プライマリ・キー
・レプリケーション結果比較
・スケジュール機能、除外設定
・メール通知
・クラスタ対応
・ユーザ権限機能
・API対応

製品関連情報

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]