ExaGrid(エクサグリッド)

株式会社クライム 

2024-03-27

Veeam社認定階層型バックアップストレージ

製品概要

ExaGridは、バックアップ処理と重複排除を別々に行うことで、インライン重複排除におけるパフォーマンス遅延を回避しバックアップを最大限に高速化します!

特徴

ExaGrid が選ばれる理由:
バックアップデータの書き込みと同時に重複排除を実施するインライン処理では、バックアップ時間が長くなることが珍しくありません。ExaGridは、バックアップ時に「キャッシュランディングゾーン」と呼ばれるディスクへ書き込み処理を行い、書き込みが終わったアイドルタイムに重複排除を行います。これによりバックアップ処理に最大限リソースを利用でき、高速なバックアップを実現します。

一方、キャッシュランディングゾーンには重複排除をせずにバックアップデータを保存することで、復旧時のリハイドレーションを排除。数秒~数分ほどでVMの復旧が可能です。

必要リソース削減 Veeam連携を最適化:
ExaGridはVeeamのバックアップ保存先ストレージとして完全統合されており、VeeamのコンポーネントであるVeeam DataMover(データ処理サーバ)がExaGrid内部にプリインストールされます。これによりハードウェアコストを削減しながらCIFSよりも30%高速なバックアップを実現しました。

製品関連情報

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]