Windows7/8/8.1対応の暗号化ソフト「CyberCrypt」

株式会社オーク情報システム  2013年12月12日

メールの誤送信、パソコンの盗難・置き忘れ、USBメモリの紛失時等の情報漏えい対策に最適! 大手建設会社、自治体、教育機関等、業界業種を問わず導入実績がある暗号化ソフトウェアです。

製品概要

CyberCrypt(サイバークリプト)は、ファイル単位の暗号化ソフトウェアです。
ファイル1つ1つを異なる「鍵」で暗号化できるので、メールの誤送信、パソコンの盗難・置き忘れ、USBメモリの紛失時にも、機密情報の中身が漏えいせず、強固なセキュリティを保つことができます。
また、復号パスワードを失念、暗号化した本人が不在等の場合でも、「マスターキー」で復号できる可用性も兼ね備えています。

特徴

【1】 簡単操作
普段のファイル操作で暗号化・復号が行なえるため、ユーザ教育を行わなくても簡単に利用できます。また、暗号化されたファイルはアイコンが変わり、視覚的にもわかりやすく、暗号化もれを防止できます。
・自動暗号化フォルダにファイルを保存するだけで自動的にファイル単位に暗号化
・ダブルクリックするだけで復号して内容を表示
・暗号化されたファイルを表示・編集して上書き保存すると自動的に暗号化して保存

【2】 万が一、暗号化のパスワードを忘れても大丈夫
暗号化した本人が不在、復号パスワードの失念等のやむをえない事情においても、企業にひとつだけ配布される「マスターキー」を使えばすべての暗号化ファイルを復号することができます。

【3】 導入コストを最小限に抑えられる
最初は少ない数を導入し、徐々にライセンスを増やしていくことができるため、初期導入コストを最小限に抑えることができます。また、ライセンス数毎に価格が設定されているのでコスト管理が容易に行えます。

【4】 簡単導入!運用に手間がかからない
サイレントインストールが可能で、パソコンの台数が多い場合でも簡単に導入することができます。また、復号パスワードを管理するサーバは不要なため、導入後の管理・運用コストなどはほとんどかかりません。


■■採用暗号方式■■

・公開鍵暗号方式:RSA暗号、鍵長 2048ビット
・共通鍵暗号方式:AES暗号、鍵長 256ビット、ブロック長 128ビット
・ハッシュ方式:SHA-256


■■動作環境■■

・Windows 8.1(64ビット版)
・Windows 8(64ビット版)
・Windows 7(32ビット/64ビット版)
・Windows Vista(32ビット版)
・Windows Server 2003(32ビット版)※
・Windows Server 2008 R2(64ビット版)※

※自動暗号化フォルダ(サービス)機能のみ提供


■■価格■■

1ライセンス 4,750円~(初期導入20ライセンス場合)
※バージョンアップ価格、専用窓口のサポートサービスも別途ご用意しています。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]